出雲大社の参拝方法。稲佐の浜の砂をお守り袋に!ご利益や順番をまとめました!




年間300万人以上の参拝客が来る出雲大社。
良縁を求めて全国からの参拝者が多く訪れます。

なんと出雲大社には、普通に参拝するよりも
より神様のパワーを受け取れる参拝方法があります!!

知る人ぞ知る、出雲大社の参拝方法。

稲佐の浜の砂をどうやって御守りにするのか?お守り袋とは?
参拝の順番や方法を丁寧に解説します!

稲佐の浜の砂をお守りに!ご利益は?

なんと稲佐の浜の砂をお守りにすることができます。

ご利益は「邪気を払う・身を守る・縁結びなど」オールマイティーと言えますね!

気になるところに置いたり、撒いたり、お守りにして身につけたり

人によって様々なようです。

とにかく強力なお守りとして知るひとぞ知る、稲佐の浜の砂お守り

どうやって作るのでしょうか?

 

出雲大社の参拝方法。稲佐の浜の砂を御守りにする手順は?

稲佐の浜をお守りにする方法は、全部で5つの手順があります。

それを分かりやすく説明していきますね。

1.まずは稲佐(いなさ)の浜で、砂をゲットする。

出雲大社を参拝する前に、稲佐の浜へ行きますよ。

稲佐の浜へのアクセス方法

①徒歩

「稲佐の浜」は出雲大社の「勢溜(せいだまり)の鳥居」から徒歩20分。

わかりやすく大きな道路に沿って行ってもいいですし

「神迎の道」を通っていくと、道の両脇にそば屋・和菓子屋などがあります。

道中を楽しみながら行ってもいいですね。

②車

国道431号線を利用すれば、わかりやすく「稲佐の浜」にたどり着きます。

「勢溜の鳥居」から2分で到着します。

駐車場もあります。もちろん無料。トイレあり。

③バス

徒歩で20分となると、ちょっと遠いですよね(^_^;)

であれば、バスを利用するという手もあります。

一畑(いちばた)バスを利用します。

スターバックス前にあるバス停「正門前」

「日御碕灯台(ひのみさきとうだい)」
もしくは「宇竜(うりゅう)」行きに乗りましょう。

2019年4月現在では・・・

8:02 13:17 18:02 19:02

の4便です。す・・少ない・・・(T_T)

利用される前は、一畑バスのホームページでご確認お願い致します。

一畑バスホームページ

時刻表の「日御碕・宇竜方面」を見ると正確な時刻が分かります。

 

もう一つ利用できるバス停が「出雲大社連絡所」

 

「勢溜の鳥居」から7分歩きます。

431号線に沿って、西方向に行くと右手に見えてきます。

こちらからもバスが出ていますが、便数は少なめ。

詳しくは一畑バスのホームページを参考にしてみてください。

一畑バスホームページ

時刻表の「日御碕・宇竜方面」を見ると比較的わかりやすい。

 

稲佐(いなさ)の浜に到着しました!

こちらが稲佐の浜になります。

海岸にたたずむ弁天島、絵になりますね~。

ここが「国譲り神話」の舞台となりました。

夕方や夜にはきれいな写真が撮れるので、撮影スポットとしても有名です。

人と比較すると、弁天島の大きさが分かりますね。

弁天島には豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)が祀られています。

初代天皇(神武天皇)のおばあちゃん。夫に出産シーンを見られ家出する。
「安産・子孫繁栄・農業守護」にご利益のある神様。

まずは豊玉毘古命(とよたまひこのみこと)にご挨拶。

その後、砂を頂きます。

ビニール袋に入れました。

スコップがあったほうが便利ですが、なくてもなんとかなる。

そうなると手に砂がつくので、ウエットティッシュ必須ですね。

場所の指定がありませんので
自分がいいと思う場所の砂をとったらいいと思います。

 

2.出雲大社をお参りする。

稲佐の浜から「勢溜の鳥居」に戻り、お参りをします。

拝殿・八足門(やつあしもん)をお参りしたら

反時計回りに進んで行きます。

 

出雲大社の参拝方法・ルートはコチラの記事を参考に

 

3.素鵞社(そがのやしろ)で砂を頂く。

出雲大社御本殿の真後ろに建っている素鵞社(そがのやしろ)

出雲の英雄、素戔嗚尊(すさのおのみこと)が祀られています。

素鵞社の後ろに行くと・・・

こんな感じで、砂の入った箱があります。

先程、「稲佐(いなさ)の浜」から持ち帰った砂をこちらに戻します。

そして、もともと箱に中に入っていた砂を持ち帰ります。

「何に使うか?」を踏まえて、分量を考えるといいと思います。

筆者の場合は御守りにしようと思ったので、少しだけ頂きました。

 

八雲山の岩肌からパワーを頂こう!

素鵞社(そがのやしろ)の後ろには

「八雲山(やくもやま)」というスーパー霊山(禁足地!)があります。

八雲山はそれはそれはすんごいパワーをお持ちです。

こちらが、八雲山の岩肌。

手を当てると、神様のパワーをさらに受け取れます。

 

4.御本殿を西からお参りする

素鵞社(そがのやしろ)から、さらに反時計回りに進むと

こういった説明書きがあります。

御本殿は南向きに建てられているけど

御祭神の大国主大神(おおくにぬしのおおかみ)

西に向いていらっしゃるので、西からもお参りしましょう!

とあります。

最後に、ここをお参りします。

 

5.お守りをつくる・砂を家や土地にまく

頂いた砂は・・・

●御守りにして身につける
●部屋の4隅に置く(何に入れてもOK)
●土地の4隅にまく
●神棚にお供えする

などなど

神様のパワー・ご利益を頂きたいところへ置いておく
もしくは身につけられるといいですね。

お守り袋が販売されています

お守り袋が市販されています。
身につけておくなら購入してもいいですね。

出雲大社近くにある雑貨屋でも販売していますよ。

 

 

稲佐の浜の砂をお守りに!その順番と方法まとめ

出雲大社の参拝方法と稲佐の浜の砂をお守りにする手順をまとめました。

方法をまとめますと・・・

①稲佐の浜で砂を頂く
②通常通り参拝
③素鵞社(そがのやしろ)で砂を頂く
④御本殿を西からお参りする
⑤ご利益を頂きたい所に置く・身につける

と言った手順になります。

稲佐の浜の美しさを味わいつつ
楽しみながら御守りを作れると、さらにご利益を頂けそうですね。

 

出雲・松江を観光するなら

宿・ホテルの予約

島根県(石見銀山・出雲・松江)を観光するなら、出雲市のホテルがおすすめです。
出雲大社周辺に泊まり、早朝参拝するのもいいですね!

じゃらん
島根(出雲・松江)のホテルをチェック

楽天トラベル
島根(出雲・松江)のホテルをチェック

島根・出雲観光おすすめホテル
→ 【島根・出雲観光に便利】おすすめホテル10選!口コミ・立地が良い。目的別ホテル紹介!

 

出雲・松江への移動方法

最寄りの空港は
出雲空港(JAL・FDA)です。

1万円以内で国内航空券がみつかるエアトリ

 

ホテル+航空券(+レンタカー)ならセットがお得

出雲空港利用は、JALパックが便利
【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージ

JAL楽パックなら、楽天ポイントも付きますよ。
楽天トラベルでチェック!

 

ツアー情報

ツアーの質が高いと評判、安心の最王手「JTB」
→ JTBのツアーをチェック

(JR・新幹線+ホテル)がお得なのは「日本旅行」
日本旅行でツアーをチェック

厳島神社、足立美術館、鳥取砂丘などまとめて観光するなら「クラブツーリズム」
→ ≪中国・四国≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

 

関連記事まとめ






1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。