大和ミュージアム・てつのくじら館はどっちが良い?違い・見どころまとめ(広島県呉市)




広島県呉市といえば、かつての軍港の町ですね。

その面影は現在も色濃く残っており、造船所や海上自衛隊の基地が置かれています。

特に見どころとして有名なのが「大和ミュージアム」「てつのくじら館」の2施設。

「どっちが良いの?」と思う人も多いハズ。今回の記事では、それぞれの違いと見どころをまとめました。



大和ミュージアム(呉市海事歴史科学館)の見どころ紹介。

大和ミュージアムは、呉市海事歴史科学館とも呼ばれており

戦艦大和に関する展示や、科学技術の紹介もされています。

大和ミュージアムの展示内容・見どころ

大和ミュージアムは

・戦艦大和を作る背景となった明治以降の呉や日本の歴史
・造船・製鋼を始めとした「科学技術」の紹介

史料とパネルを見ながら、学ぶことができます。

かつて呉で造られた戦艦「大和」についても詳しく紹介されています。

一番の見どころは、「大和」を忠実に再現された1/10の模型です

零戦や特殊潜航艇「海龍」などの実物も展示されていますよ。

 

ショップで大和ミュージアムオリジナルグッズや、お土産の購入もできます。

見学所要時間は「約1時間~1時間半」です。

興味のある人は3時間でもいられそう。お急ぎであれば、約40~50分くらい。

「大和ミュージアム」の入場料(観覧料)・営業時間

入場料(観覧料)常設展
大人 500円
高校生 300円
小・中学生 200円
※特別展は別途料金が必要です
営業時間9:00-18:00 (最終入館17:30)
休館日火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館)
年末年始(12/29~1/3)

ほか割引などがあります。詳しくはこちら

海上自衛隊呉史料館「てつのくじら館」の見どころ紹介。

「てつのくじら館」は海上自衛隊の史料館になります。

主に展示されているのは「潜水艦(せんすいかん)」「掃海(そうかい)」に関する内容です。

てつのくじら館の展示内容・見どころ

2階は、掃海艇について展示されています。

「掃海(そうかい)」と言われても、海の掃除?としか思わなかった筆者ですが

「掃海とは、海にある無数の機雷・不発爆弾を取り除くこと」なんですよね。

戦後の復興と切っても切り離せない、とてつもない重要な任務でした。

実物の機雷(もちろん爆発しません)が置いてあります!必見ですよ。

 

3階には、潜水艦について展示されています。

海に潜って活躍する、秘密の塊です。

潜水艦の仕組みや、艦内の過ごし方や、設備について学べます。

そして、てつのくじら館最大の見所はこれ!

館正面に展示されている「あきしお」の内部を見学できます。

潜水艦を実物で展示してあるのは、日本でココだけ

日本の潜水艦の始まりや歴史を知り、潜水艦内の設備を見ることができます。

 

「てつのくじら館」は体験型の史料館です。

大人からお子様まで楽しみつつ、海上自衛隊について学べます。

見学所要時間は「40分~1時間」です。(どの程度興味あるかによります)

館内は広すぎず、歩き疲れるということはありません。

1階にカフェとミュージアムショップがあるので、そこで楽しむこともできます。

「てつのくじら館」の入場料・営業時間

入場料無料
営業時間9:00-17:00 (最終入館16:30)
休館日火曜日(火曜日が祝日の場合は翌日休館)
年末年始(12/29~1/3)

 

「大和ミュージアム」「てつのくじら館」はどっちがおすすめ?

大和ミュージアムがおすすめの人

入場料金が無料が良い
潜水艦に興味がある
掃海の歴史が知りたい
短時間でぱぱっと見たい
海上自衛隊の仕事内容を知りたい

てつのくじら館がおすすめの人

近現代史(明治以降~)の歴史に興味がある
戦艦大和に興味がある
呉の歴史や、海軍の歴史に興味がある
零戦など、当時使われていた機体を見たい
呉らしい観光地に行きたい

筆者のおすすめ

近くにあるので、両方行ってしまうのがおすすめ。

休憩がてら近くの飲食店で、海自カレーを食べましょう。

大和ミュージアムの横にある「シーサイドカフェ・ビーコン」のメニュー「護衛艦さみだれカレー」です。

品のある、コクのある美味しいお味でした。

呉市内の飲食店で、様々な海自カレーが食べられますよ。

まとめ

広島県呉市の観光地「大和ミュージアム」「てつのくじら館」の違いや見どころをまとめました。

どっちもとてもおすすめですが、観光時間が限られている人もいると思います。

今回の記事を参考に決めて頂けたら、幸いです。

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です