宮島・弥山登山はきつい!初心者向け服装・所要時間・コース紹介。巨岩と景色が楽しめる神秘の山へ。




 

宮島を観光するなら、おすすめしたいのが弥山(みせん)登山!

厳島神社の背後にそびえる神聖な山です。

そんなに高い山に見えないのですが、意外にキツイ(^_^;)油断禁物です。

ということで、今回の記事では
・弥山とはどんな山か?
・初心者向けの弥山登山ガイド
(服装・所要時間・おすすめコースなど)
・弥山登山体験記の紹介
(道中の見どころや山頂の景色など)

弥山登山で気になるあれこれを、体験談とともにご紹介します。

 

宮島・弥山(みせん)ってどんな山?

※フェリーの背後にそびえる弥山。山の形が「観音様の横顔に見える」とも。

標高535m。宮島で一番高い山です。

大昔から神が宿る山として信仰されていました。

また、伊藤博文は「山頂からの景色がまじきれい」と絶賛し、大金はたいて登山道を作りました。

そんな弥山の見どころを3つご紹介します。

 

弥山の見どころ①

弘法大師空海が建てたお寺

1200以上前に弘法大師・空海が修行した、と言われています。

その時に、いくつかのお寺を建てました。
・弥山本堂
・消えずの火がある「霊火堂」
・日本で唯一鬼の神様を祀る「三鬼堂」

などなど、弥山の霊的な力を感じさせてくれます。

 

弥山の見どころ②

巨石や奇岩

島全体が花崗岩でできている宮島ですが
道中や山頂付近に、巨岩や奇岩が多く見られます。

大きな岩たちは神が宿る岩座(いわくら)として、昔から信仰されていました。

こちらも霊的な力や神秘を感じる見どころです。

 

弥山の見どころ③

弥山原始林

1万年以上も前から手つかずの自然、弥山原始林が広がっています。

こちらは世界遺産の一部です。

 

まとめると
登山好き、パワスポ好き、歴史好き、自然好き
どんな人でも楽しめる、神秘的な霊山が弥山(みせん)です。

 

【初心者向け】弥山登山のおすすめ服装

※こんな服装なら100点です!

弥山登山の大変なところは、大きい段差の階段です。

段差のある階段が続くので、登山しなれない人が登ると、確実に足にきます。
(下山する時に膝が笑いまくる)

ただ、弥山登山のためにわざわざ何かを買い揃える必要はありません

基本は動きやすい格好です。

靴は・・・
スニーカー→◎
登山靴→◎
ヒールのある靴→論外
革靴→✕

※靴下は二重にして履くと、足への負荷が減少します。

動きやすい、上下の服装で
ジャージ→◎
Tシャツ→◎
パーカー→◎
ウィンドブレーカー→◎
トレッキングパンツ→◎
革ジャン→✕
スーツ→✕

かばんは・・・
両手があくリュックがおすすめ

季節や天候に合わせて
・帽子
・アウター
・タオル
・雨具
・ドリンク

特に秋・冬・春は、歩くと暑いし、休憩すると寒い。服で体温を調整できるようにしておきましょう。

中にはスティック持参の本格的な服装の方も居ます。
ご自身の体力に合わせて、チョイスしてくださいね。

基本は動きやすい格好です。

 

ちなみに私が2月末に登ったときは・・・
・セーター
・パーカー
・ジーパン(ゆるめ)
・履きなれたスニーカー
・リュック

という格好でした。
晴れた日でしたが、ちょっと体を休めるとすぐ寒くなるような気候。

でも、登山中や下山中はポカポカするぐらいの感じでした。

 

初心者におすすめの登山コース・所要時間

画像引用:Miyajima

全部で3つのルートがあります。

①紅葉谷コース→初心者向き。四季が感じられる
所要時間:約1時間半~2時間

②大聖院コース→石段が多い。眺めが良い登山道
所要時間:約1時間半~2時間

③大元コース→弥山原生林や、巨岩・奇石が楽しめるコース
所要時間:約2時間~2時間半

 

初心者向き&王道の登山ルートは
①紅葉谷コースを登る→②大聖院コースを下る、というもの。

登山に慣れている方や、巨石好きの方は③大元コースがおすすめです。

 

宮島・弥山の登山体験記!

実際に登山した様子をご紹介します。

ルートは①紅葉谷コースを登る→②大聖院コースを下る王道のルートです。

紅葉谷コースの入口へ

紅葉谷コース登山入口は、ロープウェー乗り場の近くです。

こちらの道をまっすぐ進みます。

現在時刻は、12時20分。

少し先に、自動販売機があったのでお茶を一本購入しました。

登山道入口までに、売店はあったのですが閉鎖中。自動販売機もあまり見当たらず。

飲み物は事前に用意しておくと、確実です

ちなみに、ロープウェーで途中まで登ることも可能。

【宮島・弥山】ロープウェーで観光!所要時間・料金・割引情報・注意点まとめ。

2020-03-23

 

登山道入口までは、紅葉谷公園です。

緑の自然に赤い橋、絵になりますね~。秋には紅葉がきれいに紅葉します。

登山というよりはお散歩のような、なだらかな道が続きます。

 

 

公園内にはトイレが有りました(3ヶ所)。

登山道にはありませんので、行くなら公園内のトイレがおすすめです。

比較的きれいで使いやすかったです。

 

歩き始めて15分で、登山道入口まで来ました。

これまでは楽な道でしたが、ここからはいよいよ坂道になります。

 

いよいよ登山道。キツめの坂と石段に注意。


こんな感じの山道をひたすら進みます。

左側には川が流れ、水の流れる音を聞きながら山を登ります。

景色も最高で、大自然をめちゃくちゃ満喫!

自然の中を歩く清々しさが感じられます。

 

セメントで作られた人工的な階段はありません。石や岩を使って整備されています。

画像はなだらかに見えるかもしれませんが、段差・傾斜が意外にある。

こんな段差が延々と続くので、足にくるんですよね~(^_^;)

体力に自信のない方は、杖があってもいいかもしれない。

 


紅葉谷コースのいいところは、画像のような看板があること。

どこまで進んだか、あとどれだけか分かりやすいです。

看板横に大きな岩があります。しかも苔付き!

登山道のいたる所に巨岩・奇石があり、登れば登るほど石が大きくなる。

不思議ですよね~、かなり興味深いです。

 

コースの後半になると、こんな感じの石段が続きます。

これがなかなかに、なかなかで。もうなかなかです(-_-;)

段は足にきますね~。

己を奮い立たせ、なんとか前へ進みます。

 

やっと、分岐点ロープウェー獅子岩駅・山頂付近エリア)に到着しました。

ゴールではありませんがかなりの達成感です。

紅葉谷コースはここまで。ここからは山頂付近エリアになります。

現在時刻は14時。
登山道入口から分岐点まで、1時間40分かかりました

 

写真を撮りながら登ったので、やや時間がかかりましたが、休憩らしい休憩はとっていません。
(紅葉谷コースの登山所要時間は1時間半~2時間)

キツめの坂道をひたすら1時間40分登り続け、かなり運動した感があります。

「あ~やっと分岐点~」という感じ。すでに足はガクガクしかけてます。

 


分岐点からは、見事に整備された道となります。

あとちょっと!と、気合を入れる。

ここらあたりから、下界の景色を楽しめます。

 

弘法大師・空海が建てたお寺を楽しむ

弥山本堂・霊火堂(れいかどう)

分岐点から徒歩10分。

弘法大師が修行を行った場所「弥山本堂・みせんほんどうです。

そして、弥山本堂の向かいにあるのが・・・

 

こちらが「霊火堂・れいかどう

弘法大師が修行した時に焚いた火で、1200年以上前から一度も消えたことがないらしい。

中に入って、火をおがみます。

建物の中は炭の匂いがしました。お部屋が全体的に黒め。

 

授与所


こちらが「授与所」です。

お守りや数珠、御朱印が販売されてました。

スタッフの方はいらっしゃらず、お金は箱に入れるシステム。

善意で成り立っているサービスのようです。

御朱印(すでに書き置き済み)を頂く(300円)

 

三鬼堂(さんきどう)

霊火堂から階段を登った先にあるのが「三鬼堂・さんきどう

日本で唯一鬼神を祀るお寺です。

商売繁盛、家内安全にご利益があります。

もともとは御山神社に祀られていましたが、神仏分離令によりこちらに移されました。

ここからもうひと踏ん張りで山頂です!

 

 

しばらく登ると、こちらの「くぐり石」に到着。

石がさらに大きくなり、ついにはトンネルのようになっています。

 

山頂に到着!弥山展望台で景色を楽しむ

到着しました。山頂の弥山展望休憩所です。

到着時刻は、14時15分。
分岐点から約15分、登山道入口から約2時間で到着しました。

いやー達成感がありますね~。

分岐点からは比較的歩きやすかったのですが、紅葉谷コースの道中がかなり足にきました。

 

山頂にも巨石の数々があります。

石・岩たちにも神が宿っていると、昔から信仰されていました。

大きな岩や石にはなぜか神秘を感じてしまいますね。

 

そして、伊藤博文が「まじきれい」と言った弥山山頂からの景色。

広島市方面の景色です。

確かに素晴らしい景色ですね!
登山の達成感もあり、景色の感動が3倍になります。

展望台は360度見渡せる大パノラマでした。

風が寒かったのですぐに降りたのですが、もう少し景色を楽しみたかった。

 

展望台の1階には、本当に小さな売店がありました。

試食の飴をいただいて、下山をします。

帰りのルートは、大聖院コースです。

 

山頂付近の見どころをまとめた記事

【宮島・弥山登山】観光&パワースポット紹介。空海ゆかりの寺・神社・御朱印情報。

2020-03-23

 

大聖院コースで下山する

いよいよ下山です。

予想通りですが、うすうすそんな予感はしていましたが、ついに膝が笑い始めました。

足がガクガクして、力が入らない~。

これは気をつけて下山しなければ・・・(^_^;)

 

干満岩


下山して最初の見どころは「干満岩」

弥山七不思議の一つ。

石にある小さな穴に水が溜まっていて、

満潮、干潮に合わせて水量が変わるらしい。

 

舟岩

こちらは岩の形が船に似ている「舟岩」

見事な反りっぷりで、ついつい目が奪われます。

こんな山の上に、岩の舟。イマジネーションがかき立てられますね~。

ちなみに、岩の下にお地蔵様がいます。

 

こちらが「仁王門」

この門から大聖院コースが始まります。

 

大聖院コースは、整備された登山道がメインでした。

柵と道がしっかり作られています。

 

紅葉谷コースとは違い、階段もかなり人工的で、低めの段差のものがほとんど。

コース中の階段は、なんと2000段

これを登るとなると、かなり足にきそうですね。

大聖院コースの良い点は、見晴らしがよく景色を楽しめること

紅葉谷コースはずっと山の中。見晴らしの良い景色はなかったなー。

 

ちなみに足に力が入らず、ガクガク状態ですが

登山道が整備されていて、そこまで影響なくスタスタと下山できました。

下山が紅葉谷コースだったら、確実に足を滑らせたり転倒していたと思います。

 


かつての台風被害の爪痕が見られました。
厳島神社も被害を受けましたが、こちらもなかなかです。

一箇所だけでなく、いたる場所で爪痕を見つける。

相当ひどかったんだな・・・というのが分かります。

 

 


こちらは里見茶屋跡。

ここまできたら、あと20分で下界につきます。

見晴らしの良い景色を楽しみながら、階段を降ります。

 

こんな景色になったら、もう下界です。

「大聖院コース」と名がつくだけあって、登山道の最後に大聖院が見えます。

この後、元気があれば大聖院に行ってもいいのですが

大聖院は敷地が広く、今の私に楽しんで観光する事はできそうにありません。

足がもうガタガタブルブルですよ。

ので、さっさとカフェに行き休憩しましたとさ。

 

弥山登山情報まとめ

弥山の見どころ→自然(植物と巨岩)景色・弘法大師のお寺

弥山登山の服装→動きやすい服装

弥山登山の初心者おすすめコース
紅葉谷コースで上り、大聖院コースで下山(初心者向き)
・紅葉谷コースは、看板も多く安心。登りやすい、自然が楽しめる。
・下山時は整備されている大聖院コースがおすすめ。

登山の感想
・「山頂付近にお寺」という珍しい見どころが楽しめた。
・巨岩・奇石は、石に興味がない私でも楽しめた。
・山頂の景色は最高だった。
・あらゆるものから神秘が感じられる霊山。
・外国人観光客を多く見かけた。

道中の自然を楽しみながら、山頂の神秘的な雰囲気を感じ、山頂で絶景を楽しむ。

こんな楽しみ方ができる山は弥山ぐらいしかないのでは?
と思うので、心からおすすめです。

 

ただ、30分程度で登れる山ではありませんので

準備して登山するか、ロープウェーを利用するのもいいかもしれませんね。

ロープウェー情報と注意点をまとめた記事

【宮島・弥山】ロープウェーで観光!所要時間・料金・割引情報・注意点まとめ。

2020-03-23

 

ツアー情報

ツアーの質が高いと評判、安心の最王手「JTB」
JTBのツアーをチェック

(JR・新幹線+ホテル)がお得なのは「日本旅行」
日本旅行でツアーをチェック

出雲大社、足立美術館、鳥取砂丘などまとめて観光するなら「クラブツーリズム」
≪中国・四国≫リピーター続出!クラブツーリズムの大好評ツアーはこちら

 

関連記事

【宮島・弥山登山】観光&パワースポット紹介。空海ゆかりの寺・神社・御朱印情報。

2020-03-23

【広島】厳島神社の神様とご利益とは?参拝方法&ルート・所要時間をまとめました。

2020-03-14

【宮島】もみじ饅頭を食べ比べ!味と消費期限で徹底比較しました。

2020-02-26

 

 

 

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。