1日で宮島を楽しむ!おすすめモデルコース2選!観光もあなごも味わい尽くそう。




 

広島の観光と言えば、世界遺産でもある「宮島」は外せません。

小さい島ですが、厳島神社だけでなくいろんな見どころがあるんです。

かつて広島市に住んでいたため何度も通った筆者の経験と、宮島観光ガイドブックを読み漁った知識をもとに、

宮島1日モデルコース2プランご紹介します。

見どころいっぱい!宮島の魅力をご紹介しますね。

 

宮島の観光地図、観光スポットをチェック。


※やや大雑把な地図です。

こちらが宮島の簡単な地図です。
フェリー乗り場の宮島桟橋から、南にある大聖院まで1.4kmです。

見どころは大聖院の手前にあります。
主な観光スポットは徒歩圏内ですし、観光するなら徒歩がおすすめ。

宮島の見どころ

世界遺産が見たい
・厳島神社
・大鳥居
・五重塔
・弥山原始林

歴史に興味がある方向け
・宝物館(平家納経が見られる!)
・豊國神社(豊臣秀吉が建立)
・大聖院(空海が建てた宮島最古の寺)
・歴史民俗資料館
・大願寺(厳島神社の修理・造営を担当)

・弥山本堂(空海が建てたお寺)
・霊火堂(1,200年以上燃え続ける火を守る)

自然を楽しみたい、歩きたい方向け
・弥山登山
(神が宿る山として信仰されている)
・あせび歩道
・紅葉谷公園

お子様に人気がある
・宮島水族館
・表参道商店街
・もみじまんじゅう食べ歩き

などなど、実は観光スポットが多くあります。
ただ観光時間は限られているので、全部回るのは厳しいと思います。

 

そこで今回ご紹介したいのは、モデルコース2プラン!

①厳島神社&歴史を楽しむコース
②厳島神社&自然を楽しむコース

①のモデルコースからご紹介していきます。

②のモデルコースが見たい方はこちらをクリック!

【1日観光】①厳島神社&歴史を楽しむモデルコース

コースの説明

厳島神社&歴史を楽しむモデルコースの紹介です。

①厳島神社
②大願寺
③宝物館
・ふじたやでランチ

④大聖院
⑤五重塔
⑥豊國神社(千畳閣)
⑦表参道商店街(清盛通り)

厳島神社を観光後に、歴史的に由緒ある寺院や宝物館を巡ります。
最後に商店街でお買い物を楽しむ観光コースです。

 

9時半 宮島桟橋に到着

宮島口、広島港からのフェリーが宮島桟橋に到着します。

建物の中にあるものは
観光案内所
トイレ
売店
ATM
コインロッカー
フェリー乗り場
チケット売り場

準備ができたら出発です。

 

道中を楽しむ

宮島桟橋から厳島神社までの道中では、多くの鹿が出迎えてくれます。

適度な距離感で愛でるには、なんの問題もありません。

ただ食べ物を持っていると、強引に近寄ってくるので注意!

 

 

道がいくつかありますが、海側がおすすめです。

宮島らしい、美しい景色が見られます。日本三景も納得の光景。

海の先に見える白い物体は、工事中の大鳥居です。

 

10時 厳島神社

絶対に外せない鉄板観光スポット「厳島神社」です。

寝殿造の社殿、自然と融合した美しい景観が評価され、1996年世界遺産に登録されました。

平清盛が厳島神社を造設するたびに大出世したため、元祖パワースポットと言われています。

見どころは美しい社殿と、そこから見える宮島の景色。

写真を何枚でも撮りたくなる、非日常感の味わえる神社です。

拝観時間 6:30~17:30
(時期・季節により、閉門が30分前後します。)
拝観料 300円
御朱印 あり(300円)

 

11時 大願寺

厳島神社の出口右側にある「大願寺」

真言宗の寺院で、日本3大弁財天の厳島弁財天を祀っています。
弁財天は、厳島神社に祀られている市杵嶋姫命(いちきしまひめのみこと)と同じ神様。

神仏分離令まで、厳島神社の修理・造営を担当していました。

大願寺には「なで仏」があり、自分の体の悪いところを撫でると良くなるらしい。

こちらでも御朱印が頂けます。

拝観時間 8:30~17:00(季節により変動あり)
拝観料 無料
御朱印 あり(300円)

 

11時半 ランチはあなご飯!

宮島グルメの一つ、あなご飯はぜひ頂きたいですね。

有名店がいくつかありますが、「ふじたや」がおすすめです。

ミシュランで一つ星を獲得したお店。
行列ができるぐらいの人気店です。

営業時間 11:00~17:00
定休日 不定休
あなごめし 2,500円

運悪く定休日だった場合、ランチを食べるお店は他にもあります。

 

12時30分 宝物館

厳島神社に奉納されたものを一部が展示されています。

見どころは、平家納経です。

平家納経(へいけのうきょう)
平安時代に平家一門がその繁栄を願い、厳島神社に奉納した経典類の総称。
引用:Wikipedia(平家納経

全部で33巻。平清盛をはじめ平家の名だたるメンバーが筆写しました。

経典の装飾がかなり豪華で、当時の平家の様子を忍ばせる一級史料となっています。

実際に見られるのはレプリカですが、一見の価値あり!

他にも、当時の刀剣類、美術品工芸品を見ることができます。

入場料 300円
営業時間 8:00~17:00

 

13時半 大聖院(だいしょういん)

宝物館からさらに奥に進むと、大聖院(だいしょういん)が見えてきます。

空海が宮島の弥山(みせん)で修行後、806年に建てられました。

宮島で最古、真言宗御室派の寺院です。

敷地はかなり広く、いたる所に仏像や地蔵があります。
(ちょっとした仏のテーマパークのような印象)

高台からの眺めもよく、桜や紅葉の季節は最高におすすめです。

願い事一つだけを叶えて頂ける「一願大師」はパワースポットとして人気。

拝観時間 8:00~17:00
拝観料 無料
御朱印 あり(300円)

 

14時半 五重塔

鮮やかな朱色がまぶしい、景観に彩りを与えてくれる五重塔。

高さは約28メートル。和様と唐様(反り返った屋根など)の建築様式が融合されたもの。

中には入れないので、外から美しさを愛でることになります。

かつて塔内にあった仏像は、神仏分離礼により、現在は大願寺にあります。

写真撮影は階段の下からがおすすめ。

 

14時40分 豊国神社(とよくにじんじゃ)

豊臣秀吉の命により、1508年に建立されました。

しかし、完成する前に秀吉は亡くなり、今も未完成のままです。

天井がなく梁も柱も丸見え、扉もありませんが、それが迫力のある見どころとなっています。

また857畳分の広さがあり、「千畳閣」とも呼ばれています。

もともとは読経のために作られましたが、現在は豊臣秀吉と加藤清正を祀る神社です。

中で御朱印が頂けます。

拝観時間 8:30~16:30
拝観料 100円
御朱印 あり(300円)

 

15時 表参道商店街(清盛通り)

※画像は朝9時頃。時間になれば多くの人が行き交う。

最後は表参道商店街。通称「清盛通り」です。

左右に飲食店やお土産屋が軒を連ねる、楽しい通りになっています。

焼き牡蠣、揚げもみじを食べ歩きするのもいいですし、お店によっては焼きたてのもみじまんじゅうが頂けます。

お土産にもおすすめです。

 

商店街を楽しんで宮島桟橋へ向かいます。

帰るのは16時ころ。宮島観光お疲れさまでした~。

 

【1日観光】②厳島神社&自然を楽しむモデルコース

コースの説明

厳島神社&自然を楽しむモデルコースのご紹介です。

弁当を買う
①厳島神社 
②ロープウェーで弥山に登る
③弥山観光
・山頂でお弁当を食べる
④表参道商店街(清盛通り)

厳島神社を観光後に、弥山に登り観光します。
下山後、商店街でお買い物を楽しむ観光コースです。

 

まずは、弁当を買う

ランチは宮島名物を山頂で食べたい!

ということで、宮島口にある「うえの」のあなご飯弁当を購入しましょう。

宮島名物あなごめしと言えば「うえの」が有名です!!

 

場所はJR宮島口駅からフェリー乗り場に行く途中にあります。

美味しさが持続するように工夫されたお弁当、かなりおすすめです。

営業時間 10:00~19:00
※弁当の購入は9時から可能。
定休日 なし
あなごめし弁当 レギュラーサイズ 2,160円

お弁当は予約することもできます。
詳しくはこちら(公式ホームページ)

 

宮島にも、あなごめしの有名店があります。
いな忠
和田
ふじたや

※いな忠・和田で弁当を購入できますが、営業開始時間が遅めなので注意です!

うえので弁当を購入したら、フェリーで宮島に移動しましょう。

 

10時 宮島桟橋に到着

宮島口、広島港からのフェリーが宮島桟橋に到着します。

建物の中にあるものは
観光案内所
トイレ
売店
ATM
コインロッカー
フェリー乗り場
チケット売り場

準備ができたら出発です。

道中には可愛らしい鹿が出迎えてくれます。
しっかり愛でましょう。

 

10時半 厳島神社

これは絶対に外せない鉄板観光スポット「厳島神社」です。

寝殿造の社殿、自然と融合した美しい景観が評価され、1996年世界遺産に登録。

平清盛が厳島神社を造設するたびに大出世したため、元祖パワースポットと言われています。

見どころは美しい社殿と、そこから見える宮島の景色。

写真を何枚でも撮りたくなる、非日常感の味わえる神社です。

拝観時間 6:30~17:30
(時期・季節により、閉門が30分前後します。)
拝観料 300円
御朱印 あり(300円)

 

11時40分 ロープウェーで弥山に登る

厳島神社の出口から、ロープウェー紅葉谷駅まで徒歩で約10分(850m)です。

紅葉谷駅から、山頂近くの獅子岩駅まで20分~30分かかります。

ロープウェーなら景色を楽しみながら、短時間で登れます。

 

12時20分 弥山を観光する

ロープウェー獅子岩駅から徒歩15分で、弥山の見どころ「弥山本堂・霊火堂」に到着します。

弥山本堂は空海が建てたお寺です。

霊火堂には、空海が修行中に焚いた「消えずの霊火」が1,200年以上燃え続けています。

弥山本堂・霊火堂
営業時間 8:00~17:00

 

弥山の見どころはこちらの記事にまとめています。

 

 

大きな岩で囲われたくぐり岩の先に山頂があります。

山頂付近には花崗岩でできた、巨石や奇岩が多くあります。

大きな岩たちは神が宿る岩座(いわくら)として、昔から信仰されていたそうです。

見ていると不思議な力を感じてしまう巨石は、神秘的な見どころです。

 

13時 山頂で弁当を食べる

こちらが弥山の山頂にある、弥山展望台です。

素晴らしい景色を眺めながら、あなご飯弁当を食べましょう。

あなごやご飯に味がしっかり染み込んで、美味しいんですよね~。

運動後に食べると、さらに美味しく感じられます。

 

弥山展望台からは、360度の素晴らしい景色が楽しめます。

じっくり景色を楽しんだら、いよいよ下山です。

弥山展望台
営業時間 10:00~16:00

 

13時40分 下山開始

ロープウェーを利用すれば約1時間で下山できます。

徒歩で下山する場合、1時間半~2時間程度見ておきましょう。

 

15時 表参道商店街(清盛通り)

※画像は朝9時頃。時間になれば多くの人が行き交う。

最後は表参道商店街。通称「清盛通り」です。

飲食店やお土産屋が軒を連ねる、楽しい通りになっています。

焼き牡蠣、揚げもみじを食べ歩きするのもいいですし、お店によっては焼きたてのもみじまんじゅうが頂けます。

お土産にもおすすめです。

 

商店街を楽しんで、宮島桟橋に到着するのは16時すぎ。

宮島観光お疲れさまでした~。

 

ロープウェーでなく、自力で弥山に登りたい方はこちらの記事をご覧ください。

 

関連記事