【アスワン観光】おすすめスポット&モデルルート!日数や自力での行き方は?




アスワン・ハイダムで世界的に有名な「アスワン」

今回の記事では
●アスワンへの行き方
●観光に必要な日数
●アスワンのオススメ見どころ
●注意点

について、まとめました。
アスワン観光の参考にしてもらえたらと思います。



アスワンへの行き方

カイロからアスワンへの行き方は5パターン

●飛行機
●寝台列車
●鉄道
●バス
●クルーズ船

以下簡単に説明しますが、おすすめは飛行機・寝台列車・クルーズ船です。

飛行機

所要時間1時間30分で移動可能。
料金は6,000円~

他の方法は14時間近くかかるので、一番早くて快適な移動方法です。

寝台列車

所要時間10時間。
料金は、一人110ドル。二人だと、一人80ドル。

夜にカイロを出発して、午前中にアスワンへ到着。
設備も比較的きれいで、利用しやすい乗り物です。

カイロ⇔アスワン 寝台列車チケット手配(送迎付き)

普通列車

所要時間は約14時間。
料金は、1等車244ポンド(約1700円)・2等車140ポンド(約980円)

観光客は駅にあるチケットオフィスでは購入不可。
乗車してから中で支払うか、ゲストハウスで購入しましょう。

バス 

所要時間は14時間。
料金は200ポンド~(約1400円~)詳細不明

バスターミナルでチケットを購入して、乗車します。

クルーズ船

優雅に移動しながら、多くの遺跡を観光できる方法です。
区間は「ルクソール⇔アスワン」。3泊4日のツアーです。
現地で申し込むか、事前にネットで予約します。

アスワン⇔ルクソール 豪華客船!遺跡観光付きのナイル川クルーズ

アスワン観光、必要な日数は?

アスワンの一大観光地である「アブシンベル神殿」に行くには
ツアーで1日かかります。

アスワン市内にも観光地があり、そこも1日あれば十分です。

1日でアブシンベル神殿・アスワン市内両方を観光することも可能。
その場合、アブシンベル神殿への移動を飛行機にしましょう。

可能であれば、2日間とってじっくり観光することをオススメします。

アスワンの観光スポット、地図で位置関係を把握する。

アスワン市内の観光地図です。
公共交通機関はありませんので、タクシー移動です。

「アスワン駅」から南端の「アスワン・ハイダム」まで約20キロ。
車で30分~40分の距離です。

アスワン観光のモデルコースは?自力、ツアー利用両方可。

2日間コース

1日目はアスワン市内観光
・アスワン・ハイ・ダム
・イシス(フィラエ)神殿
・未完成のオベリスク
夜は、スークを歩いて雰囲気を楽しむ。

2日目はアブシンベル神殿ツアーに参加
自力で行くとしたら、飛行機移動となります。

やはりラストはアブシンベル神殿でしょ!

 

1日で両方観光したい!

・午前 アブシンベル神殿、飛行機で往復。
空港への道中にアスワンダムを通る(観光はそれで十分)。

・午後 空港からの帰りに、アスワン市内を観光。
イシス神殿・切りかけのオベリスク

イシス神殿は音と光のショーがあるので、夜に訪れるのもあり!

注意)帰りのタクシーは、ホテルなどで予約を入れたほうが確実です。

アスワンおすすめ観光スポット、モデルコース順にご紹介!

2日間のモデルコースルートに沿ってご紹介します。

アスワン・ハイ・ダム


画像引用:Wikipedia(アスワン・ハイダム)

長さ→3600m 高さ→111メートル
アスワンダムの約2倍の大きさです。

建てられた目的は、洪水を起こさないこと・農業用の水を確保すること。

ドイツとロシア(当時のソ連)の協力により、1970年に完成。

世界遺産 イシス神殿(フィラエ神殿)

イシス女神(エジプト神話の女神)を祀る神殿。

イシス神殿に行くには船着き場から、船で移動が必要。

ナイル川に浮かぶイシス(フィラエ)神殿は、神秘的。
レリーフ(壁画)が美しいと評判のスポットです。

未完成(切りかけ)のオベリスク


画像引用:Wikipedia(未完成のオベリスク)

オベリスクとは、王たちが神に奉納した記念塔のこと。

大きな採石場に、未完成(作りかけ)のオベリスクがあります。長さ42m・重さ1168トン。
完成したらエジプト最大の大きさだったと言われています。

作る工程がなんとなく分かる、面白い見どころの1つ。

スーク(市場)

スークは、アスワン駅から南に1キロ続きます。

日用品から、お土産、食べ物まで何でも売っています。
カイロやルクソールのスークよりは良心的ですが、値段交渉は必須です。

夜のスークはアスワンの活気が感じられますよ!

2日目

アスワンダム

1902年に作られたダム。長さ→2140m 高さ→51m

ナイル川が毎年洪水になり、毎年農作物が大打撃を受ける。
それを改善するために造られましたが、十分ではなくアスワン・ハイダムが建設されました。

大きなダムなんですけどね。

アスワン空港に行く途中、必ず通ります。

世界遺産・アブシンベル神殿

建築王ラムセス2世が、約3300年前に建てた神殿。

ラムセス2世はエジプト史上、最も偉大な王だったと実感できる場所。
どこもかしこもラムセス2世だらけです。

アスワン・ハイダム建設により、水没の危機に瀕したが、ユネスコにより救済される。
それが、世界遺産誕生のきっかけになったのは有名な話。

アスワン観光の注意点

アスワンは比較的良心的な商売するので、エジプトの中では買い物がしやすいです。
(もちろん値段交渉は必要)

ボッタクられることも当然あるので、必ず相場を調べておくこと。

特にイシス(フィラエ)神殿に行くための船はボッタクリポイントです。
現地ツアーを利用するのがおすすめです。

 

アスワンからは「アブシンベル神殿ツアー」をはじめとして
様々なツアー(クルーズなど)で楽しむ方法もあります。

落ち着いて、ちょっと贅沢にアスワンを楽しんでみませんか?
日本語で予約ができるので、安心です!

アスワン発 日帰りツアーをチェックする

まとめ

アスワンの観光情報についてまとめました。
●アスワンへの行き方
●観光に必要な日数
●アスワンのオススメ見どころ
●注意点

など、アスワン観光に必要な情報になります。

神殿を観光したり、スークで買い物をしたりと
最高の思い出を作ってくださいね!

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です