【オールドカイロ観光】行き方・おすすめ観光スポットをご紹介!




エジプトの世界遺産の一つ「カイロ歴史地区」

カイロ歴史地区は8キロ×4キロの広さがありますが

その一角にあるのが「オールドカイロ」「イスラーム地区」です。

今回の記事ではオールドカイロの

●行き方・観光時間
●見どころやおすすめ観光スポット
●治安情報

カイロ発祥の地であり、聖書にも登場する重要な場所ですよ。
ひと味違ったエジプトを、一緒に見てみましょう!

関連記事
【カイロのイスラーム地区】行き方とおすすめ観光スポット!治安情報も!

 



オールドカイロへの行き方・観光所要時間

オールドカイロの最寄り駅は
地下鉄1号線の「マル・ギルギス(Mari Girgis)駅」 

地下鉄で移動できるので
市内中心部からもアクセスが良いです。

参考記事
カイロは地下鉄が便利!乗り方・料金・治安・情報をまとめました!【2019年9月版】

 

マル・ギルギス駅を降りた瞬間から
目の前に教会や博物館が広がっています。

見どころはほぼ、駅前通り(マル・ギルギス通り)沿いにあります。

この観光しやすさも、魅力の一つ。

3時間もあれば、一通り見学することが出来ますよ!

オールドカイロのおすすめ観光スポット。

オールドカイロの見どころはズバリ「コプト教の教会」です!

※コプト教とは?

キリスト教の一派。
かなり初期のキリスト教。451年異端とされる。
そこからは細々とやっているが迫害されることも。
最近では、IS(イスラム国)から迫害された。

エジプトの歴史をかんたんに振り返ると・・・

紀元前40年ころからキリスト教(コプト教)が布教され

2世紀には、エジプト全域がキリスト教(コプト教)となりました。

しかし、7世紀にアラブ軍に征服されたことがきっかけで、イスラム化。

現在は、人口の90%がイスラム教

10%がキリスト教(コプト教)となっています。

今でこそ少数派ですが、キリスト教の歴史はかなり長いです!

そんな長い歴史を持つコプト教の教会を見てみましょう。

 

見どころ①聖ジョージ(聖ゲオルギウス)教会

地下鉄駅を出たら左側にそびえ立っているのが

聖ジョージ教会(聖ゲオルギウス教会)です。
(聖ジョージ教会→英語読み 聖ゲオルギウス教会→ギリシャ語読み)

左側の、円形の建物が特徴的。

「生まれたばかりのイエスが命を狙われ、家族で身を寄せた場所に建てられた」

と言われています。

かなりの聖地です!

 

とてもきれいな内装。

エジプトっぽくない、立派なキリスト教の建物です。

中は撮影禁止ですが、みんな撮りまくっていました。

 

こちらが、守護聖人(守り神)の聖ゲオルギウスです。

聖ゲオルギウスは、とある神話で有名です。

聖ゲオルギウス竜退治エピソード

昔むかし、あるところにとっても悪い竜がいました。

毎日2匹の羊を生贄にして、なんとか無事な村人たち。

しかし、ついに羊が居なくなってしまいました。

致し方なく、人間を生贄にすることに!

その生贄になったのは、なんと王様の娘でした。

王様は持てる全ての宝石を竜に差し出しますが、許してもらえず。

その代わり、8日間の猶予が与えられました。

 

そこに通りがかったゲオルギウス

話を聞いたゲオルギウス「よし!私が倒しましょう。」

と言って、竜と戦いました。

紐で縛った竜を村につれてきて

「あなた達がキリスト教徒になるなら、竜にトドメをさしましょう!」

村人はキリスト教に改宗、悪竜もいなくなりました。

めでたし、めでたし!

若干疑問は残るものの

キリスト教の英雄であることは間違いありませんね。

馬に乗って竜退治をしているゲオルギウスの絵画が

教会のあらゆるところで見られました。

 

しかし、この話

日本神話のヤマタノオロチみたいじゃありません?

営業時間・定休日・入場料

営業時間 8:00~16:00

定休日 無休

入場料 無料

見どころ② 聖セルジウス教会

この教会はちょっと見つけにくかった(汗)

階段を下る必要があります。

マル・キルギス通り沿いを北に進めばあります。

標識に従って歩いていくと・・・

こちらが、聖セルジウス教会です。

303年に殉教(自分の信じる宗教のために命を捨てること)した

聖セルジウス聖バッカスのために建てられた教会。

2人はローマ帝国の役人で

一節によると、2人は深い仲らしい。(同性愛ってこと)

 

また、命を狙われたイエス一家が身を寄せた

洞窟の上に建てられた教会として有名です。

ココもかなりの聖地ですね。

こちらが聖セルジウス教会の中です。

エジプトでは見慣れないレンガ作りです。

何度も「消失→再建」を繰り返したそう。

そう言われてみると、新しい感じがしますね。

茶色の同系色でまとめられた、品のある内装となってます。

 

こちらがイエス一家が身を寄せていた洞窟らしい。

階段を降りた先にありました。

営業時間・定休日・入場料

営業時間 9:00~16:00

定休日 無休

入場料 無料

見どころ③エル・ムアラッカ教会

白い建物が印象的なムアラッカ教会です。

英語名は「The Hanging Charch 」。

グーグルマップで検索するときは、英語名で検索したほうがいいです。

4世紀に建てられた、最古のコプト教会の一つ。

聖母マリアが祀ってある教会ですよ。

どの国でも、聖母マリアは人気があります。

 

こちらが教会の入口。

木彫りの装飾がとても繊細で

入口がとても美しく飾られていました。

とても見事で、かなり見ごたえがあります。

大変失礼ですが

エジプト人がこんな繊細な仕事をしてるイメージが湧かない。

 

こちらが内装です。

東洋と西洋が混じった雰囲気が独特。

繊細な木彫りの装飾も随所に見られます。

天井はノアの方舟をイメージした形状になっているそう。

営業時間・定休日・入場料

営業時間 9:00~16:00

定休日 無休

入場料 無料

教会以外の観光おすすめスポットご紹介!

モスクの「ガーマ・アムル」

エジプトで最初のモスクであり、アフリカ大陸の最初のモスク。

641年にエジプトを征服したアラブ軍は

首都(フスタート)とガーマ・アムルを作りました。

名前の由来は、アラブ軍の司令官の名前をとったもの。

営業時間 9:00~15:00

入場料 無料

お土産屋「スーク・フスタート」

手作りで質の良いハンドメイド作品が販売する雑貨屋。

店舗数も多いので、お土産にいいかも。

おそらく値段は高めだと思う。

営業時間 10:00~18:00

コプト博物館

コプト教の様々な芸術品(彫刻など)が見られます。

エル・ムアラッカ教会を見ると、期待しちゃいますね。

営業時間 9:00~16:00

入場料 大人 100ポンド(学生 50ポンド)

カメラ撮影 50ポンド

 

【プライベートツアー】コプト教地区を訪れる オールドカイロ半日ツアー

カイロ市内コプト教地区&イスラム地区観光ツアー

 

オールドカイロの治安は?

オールドカイロを女性二人で観光しましたが
身の危険を感じたり、危ない雰囲気を感じることはありませんでした。

ただ昼でも、人通りが多くはありませんので
日が暮れてからの観光や、一人歩きは避けたほうがいいでしょう。

貴重品は身につける。
人の少ないところ・暗い所は通らない、歩かない。
話しかけられても相手にしすぎない。

といった基本的なことを守っていれば、大丈夫だと思います。

まとめ

オールドカイロの、おすすめ観光スポット・行き方・治安についてまとめました。

かなり本格的な、美しい教会でしたね。

オールドカイロでオススメなのは

①聖ジョージ(聖ゲオルギウス)教会
②聖セルジウス教会
③エル・ムアラッカ教会

他にご紹介した見どころも含め、駅前通り(マル・ギルギス通り)沿いにあります。

一味違ったエジプトが味わえるオールドカイロ、ぜひ観光してみてくださいね!

 

関連記事

【カイロのイスラーム地区】行き方とおすすめ観光スポット!治安情報も!

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です