【福岡・宗像大社】ご利益・創建の歴史とは?アクセス方法・駐車場情報まとめ!




福岡県の北部にある有名な神社「宗像大社」

2017年に「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群として、世界文化遺産に登録されました。

世界遺産ともなると、神社の歴史に興味が湧いてきますよね?

この記事では、宗像大社の創建の歴史やご利益についてまとめました。

アクセス方法や駐車場情報もありますよ。



宗像大社の創建の歴史・御祭神

宗像大社、創建の歴史

宗像大社、創建の歴史は日本神話に拠ります。

宗像大社創建エピソード

海原の統治もせず、母に会いたいと駄々をこねる速須佐之男命(スサノオノミコト)。

怒った父神(イザナギ)に、追放されてしまう。

 

速須佐之男命天照大神(アマテラスオオミカミ)にお別れの挨拶に伺うも、邪神があるのではないか?と疑われてしまう。

その疑いを解くために、速須佐之男命誓約(うけい)を提案。
※誓約(うけい)・・・古代の占い。結果で成否を判断する。

まずは天照大神が、スサノオが持っている十拳剣(とつかのつるぎ)を噛み砕き

吹き出した霧から三柱の女神がお生まれになる。

 

次に速須佐之男命が、天照大神の八尺瓊勾玉(やさかにのまがたま)を噛み砕き

吹き出した霧から五柱の神がお生まれになる。
(五柱とは、天忍穂耳命・天穂日命・天津彦根命・活津彦根命・熊野櫲樟日命)

 

速須佐之男命は自分に悪い心が無いからこそ、自分の持ち物(十拳剣)から優しい女神が生れたとし、速須佐之男命に邪神が無いことを証明した。

 

天照大神と速須佐之男命の誓約(うけい)によって誕生した三女神(宗像三女神)

天照大神三女神「玄界灘に降臨して、歴代天皇を助けなさい。そうすれば歴代天皇があなたたちを祀るでしょう」と命令をする。

 

三女神が降臨のされた地に社が建てられ、宗像大社となりました。

 

御祭神は宗像三女神

創建エピソードからも分かるように、御祭神は宗像三女神。

三女神とは
田心姫神(たごりひめのかみ)
→旦那は大国主命
湍津姫神(たぎつひめのかみ)
→旦那は大国主命
市杵島姫神(いちきしまひめのかみ)
→水の神、芸に秀でた絶世の美女

三女神はそれぞれ違う場所に祀られています。


地図にするとこんな感じ。

田心姫神は 沖津宮(おきつぐう)
湍津姫神は 中津宮(なかつぐう)
市杵島姫神は 辺津宮 (へつぐう)
に祀られています。
この三宮を総称して「宗像大社」といいます。

※現在沖津宮は参拝できません。遥拝所からのお参りとなります。

 

また、日本書紀では宗像三女神を「道主貴(みちぬしのむち)」と呼ばれています。

「貴(むち)」という文字が使われている神様は
伊勢神宮の大日靈貴(おおひるめのむち)=天照大神
出雲大社の大己貴(おおなむち)=大国主命

つまり「貴」とは、貴い(とうとい)神様におくられる尊称。

宗像三女神がいかに格式の高い神様かわかりますね。

宗像大社のご利益は?

宗像三女神が降臨された地は、朝鮮半島と大陸を結ぶ重要な海路。

海上交通の安全を祈願し、祀られました。

時代とともに、鉄道や自動車など、交通の安全を司る神様へ。

つまり、ご利益は・・・

交通安全
開運厄除
大量豊作祈願

 

日本で初めて自動車の交通安全お守りを作ったと言われています。

また、宗像大社では車やバイクの交通安全祈願が出来ますが

祈願を希望される方が多く、そのため駐車場が広く作られています。

 

【宗像大社】参拝方法・所要時間は?境内図で参拝ルート・見どころ紹介!

2019-12-16

宗像大社・辺津宮への行き方・アクセス方法

博多駅・小倉駅からJR+バスで移動する方法

宗像大社のJRの最寄り駅は「東郷駅」

博多駅・小倉駅→東郷駅は電車
東郷駅→宗像大社はバス
というルートになります。

博多駅・小倉駅→東郷駅の電車移動

博多駅→東郷駅
快速で約30分(570円)

小倉駅→東郷駅
快速で約50分(760円)

 

東郷駅→宗像大社のバス移動

東郷駅前→宗像大社前
約12分(240円)

乗車するバスは・・・
(1)→「神湊波止場」行き
(1-2)→「光陽台六丁目」行き
※バス会社は西鉄バス

1時間に1~2便

 

トータル

博多駅→宗像大社約1時間810円
小倉駅→宗像大社約1時間30分1,000円

バスとの乗り継ぎ時間に注意すれば、快適な移動です。

 

博多駅から宗像大社へ、バスで移動する方法

天神 ~ 宗像大社、道の駅むなかたを結ぶ「むなかた号」が運行中。

天神日銀前→宗像大社前・
約60分(1,020円)

「神湊波止場」行きバス
平日は3往復・土日は5往復

支払いは現金・交通系ICカード

駐車場情報

    ※画像は第一駐車場

宗像大社辺津宮には、第1~第3駐車場があります。
駐車料金は全て無料。


出典:宗像大社ホームページ

第1駐車場(画像右下)
一の鳥居の横にある駐車場。
駐車可能台数700台と、一番大きい。

車・バイクの交通安全祈願を行う祈願殿はここにある。

参拝をするのであれば一番便利な場所ですが
正月などの混み合うタイミングはかなり渋滞します。

 

第2駐車場(画像真ん中左)
神宝館や拝殿・本殿に比較的近い。
駐車可能台数は200台。

 

第3駐車場(画像上)
宗像護国神社、第二宮・第三宮の近くにある。
駐車可能台数は100台。

混み合う時には、比較的混雑が避けられる。

 

宗像大社参拝方法記事

【宗像大社】参拝方法・所要時間は?境内図で参拝ルート・見どころ紹介!

2019-12-16

宗像大社・福岡を観光するなら・・・

福岡県を観光するなら、福岡空港がアクセス抜群!

(航空券+ホテル)がセットでお得な「ダイナミックパッケージ」がおすすめ。

・JALを利用されている方は、JALパックが便利
【航空券+ホテル】JALダイナミックパッケージ

・楽天でJALパック、ANAパックも利用できます。
楽天トラベルでチェック!

 

大手国内旅行会社にも「福岡ツアー」があります。

福岡旅行&ツアーを探す(JTB)

福岡旅行&ツアーを探す(日本旅行)

 

まとめ

宗像大社の創建の歴史やご利益についてまとめました。

「創建の由来が日本神話」というところに、歴史とロマンを感じてしまいます。

博多や小倉からのアクセスもよく、福岡に行くのでればおすすめです!

 

【出雲大社】って何の神様?ご利益は?縁結びの由来エピソード・御朱印情報まとめ!

2019-04-30

【福岡・櫛田神社】は何の神様?ご利益・御朱印・参拝時間・アクセス情報まとめ!

2019-12-18

【福岡・住吉神社】は何の神様?ご利益・御朱印・参拝ルートまとめ!

2019-12-17

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です