【宮崎・高千穂神社】ご利益・歴史・参拝時間・アクセス情報。神様の歴史を知る。




神話と伝承の町、高千穂町の中心的存在「高千穂神社」

大昔から庶民や武家に篤く信仰されてきました。

この記事では
・創建の歴史と御祭神
・ご利益・ご神徳
・参拝所要時間・見どころ
・アクセス方法
・御朱印情報

高千穂神社参拝に役立つ情報をまとめました。



宮崎・高千穂神社 創建の歴史と御祭神

神武天皇のお兄さんである三毛入野命(みけいりののみこと)

祖神の日向三代(ひゅうがさんだい)の神々をお祀りしたことが、高千穂神社の始まりとされています。

社殿は垂仁天皇の時代(632~730年)に創建されました。

 

日向三代(ひゅうがさんだい)とは?

天照大神(あまてらす)の勅命により、高千穂峰に降臨された瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)
→いわゆる天孫降臨された神様ですね。

その息子彦火火出見尊(ひこほほでのみこと)
→通称、山幸彦。

更にその息子鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)

以上3代の神々のことを指します。

御祭神

高千穂皇神(たかちほすめがみ)
→日向三代とその配偶者の総称
瓊瓊杵尊(ににぎのみこと)・木花咲耶姫命(このはなさくやひめのみこと)
彦火火出見尊(ひこほほでのみこと)・豊玉姫命(とよたまひめのみこと)
鵜草葺不合命(うがやふきあえずのみこと)・玉依姫命(たまよりひめのみこと)

三毛入野命(みけいりののみこと)を含め16柱が祀られています。

高千穂神社のご利益・ご神徳

国家鎮護
縁結び
厄除け
交通安全

高千穂神社の参拝所要時間・見どころをご紹介。

高千穂神社の参拝所要時間は?

お参りだけなら約10~15分です。

 

実際に参拝した様子と、高千穂神社の見どころをご紹介します。

大鳥居

神社へ向かう道中、最初に出迎えてくれるのが大鳥居です。

立派な銅製の明神鳥居。迫力がありますね。

手水舎(てみずしゃ)

参道を進むと手水舎があります。

ここで心身を清めます。

秩父杉(ちちぶすぎ)

源頼朝の代わりに高千穂神社に参拝した畠山重忠が、手植えをしたと伝わる「秩父杉(ちちぶすぎ)」

天下泰平のために源頼朝は、高千穂神社に多くの神宝を奉納しました。

幹が9mの大杉。高さ55m。とにかく大きいです!

拝殿

こちらで手を合わせます。

緑と赤の紙垂(しで)は高千穂神社ならではですね。

地元の神社は真っ白なものばかりなので、鮮やかの色味が新鮮です。

本殿

拝殿側の屋根が長めの流造(ながれつくり)

三毛入野命(みけいりののみこと)が鬼八という鬼を退治する姿が、彫刻になっています。

国指定の重要文化財です。

鎮石(しずめいし)

看板によると「高千穂神社創建時に用いられた鎮石。

この石に祈ると、人の悩みや世の乱れが鎮められる」と書いてあります。

夫婦杉

樹齢400年の夫婦杉です。

ご利益は縁結び・子授け・安産・家内繁栄。

手をつないで夫婦杉の周りを3周すると

仲睦まじくなる(夫婦・友人)・家内安全・子孫繁栄と3つの願いが叶うそうです。

 

高千穂神社の見どころは以上ですが、夜も楽しめるのが高千穂神社の素晴らしいところ!

夜の8時から始まるという「高千穂の夜神楽」を見に行きました。

高千穂の夜神楽情報

高千穂と言えば夜神楽は欠かせません!

三十三番あるという神楽から代表的な4番が毎夜公開されています。

19時50分ころ会場内の様子です。

すでに人が多く集まっています。

※画像は「御神体の舞」イザナギとイザナミがひたすらイチャイチャしていた

挨拶から始まり、「手力雄の舞」「鈿女の舞」「戸取の舞」「御神体の舞」

4つの舞を堪能することができました。

神楽終演後グッズ販売があり、高千穂神楽のDVDを購入(1000円)

高千穂の夜神楽

会場 高千穂神社神楽殿
時間 20時~21時
料金 1,000円 ※小学生まで無料

高千穂神社の駐車場から神楽殿に直接つながる小道があります。

高千穂神社のアクセス方法・駐車場情報

徒歩のアクセス方法

高千穂バスセンターから10分

バスのアクセス方法

福岡・熊本・宮崎・延岡から高千穂バスセンター行き高速バスがあります。

時刻表などの詳細はこちら(宮崎交通)

車のアクセス方法

天岩戸神社から13分

延岡市から50分
宮崎市から約2時間
熊本市から約1時間40分
阿蘇くまもと空港から約1時間25分

駐車場

こちらが高千穂神社前にある無料駐車場。

敷地は広く、トイレがあります。

高千穂神社 地図・営業時間・御朱印

高千穂神社の地図

住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町三田井1037

 

参拝可能時間

7:30~17:30

お問い合わせ

0982-72-2413

御朱印

授与所で頂けます。
料金 300円

 

・他にも宮崎の観光情報を知りたい方はこちら
宮崎の観光情報

宮崎県を観光するなら

宮崎県への移動方法

最寄りの空港は宮崎空港です。
(JAL・ANA・ソラシドエア・オリエンタルエアブリッジ・Peach・ジェットスター)

1万円以内で国内航空券がみつかるエアトリ

 

レンタカー

移動はレンタカーが便利!
宮崎空港・宮崎市・延岡市・日向市がおすすめです。

レンタカー比較といえば、たびらいレンタカー

 

宿・ホテルの予約

高千穂を観光するなら、日向駅・延岡駅周辺のホテル
青島神社・鵜戸神宮なら宮崎市・宮崎駅周辺のホテル
霧島観光なら都城市・都城駅周辺のホテルがおすすめです。

【じゃらん】 九州のホテル・宿の予約

→ 宮崎県のホテルをチェック(楽天トラベル)

 

ツアー情報

プランが豊富!ツアーで楽しむなら「クラブツーリズム」
仲間と出会う、感動と出会うクラブツーリズムの旅/人気の九州ツアー

ツアーの質が高いと評判、安心の最王手「JTB」
→ JTBのツアーをチェック

(JR・新幹線+ホテル)がお得なのは「日本旅行」
日本旅行でツアーをチェック

まとめ

今回の記事では、高千穂神社について

・創建の歴史と御祭神
・ご利益・ご神徳
・参拝所要時間・見どころ
・アクセス方法
・御朱印情報
など、参拝するのに役に立つ情報をまとめました。

神社を取り囲む木々が高くて大きくて、強い生命力を感じました。

天安河原とは違った神秘さがあり、参拝されることをおすすめします。

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です