【天岩戸神社・東本宮】ご利益・アクセス・御朱印情報。パワースポットの極みを感じる。




天岩戸伝説にルーツを持つ天岩戸神社は、西本宮と東本宮があります。

この記事ではパワースポットとして有名な「東本宮」

・創建の歴史と御祭神
・ご利益・ご神徳
・参拝所要時間・見どころ
・アクセス方法
・御朱印情報

など、参拝に役立つ情報をまとめました。



宮崎・天岩戸神社東本宮 創建の歴史と御祭神

天岩戸神社は810年~824年頃に創建されました。

ルーツは天岩戸神話にあります。

神話について知りたい方はこちらの記事を御覧ください。

【宮崎・天岩戸神社】ご利益・所要時間・アクセス・御朱印情報。撮影禁止の神域へ。

2021-02-10

 

東本宮の創建について

天照大神に東本宮に鎮座するよう、思兼神(オモイカネノカミ)が願った」

900年頃に記録されています。

天照大神が天岩戸から出てきたとき

思兼神が天照大神を「東本宮」へ導き、そのまま鎮座されました。

西本宮とは違い、東本宮には御本殿があります。

御祭神

天照皇大神(アマテラススメオオカミ)

天照大神(あまてらすおおみかみ)のことです。

天岩戸神社東本宮のご利益・ご神徳

諸願成就
商売繁盛
家内安全
病気平癒

天岩戸神社東本宮の参拝所要時間・見どころをご紹介。

天岩戸神社の参拝所要時間は?

お参りだけなら約15~20分です。

 

実際に参拝した様子と、東本宮の見どころをご紹介します。

一の鳥居

こちらが天岩戸神社東本宮の鳥居です。

縦の柱、横の柱が直線的な「黒木鳥居」に見える。

天鈿女命がお出迎え

駐車場から東本宮へ向かって行くと

天鈿女命(アメノウズメノミコト)が出迎えてくれます。

急に音楽が流れだし、天鈿女さんがくるくる回りだします。

ちょっとビックリした。

二の鳥居

こちらが東本宮の二の鳥居。

手前左側の建物は神楽殿、右側が授与所、奥に見えるのが拝殿です。

私が行ったとき、授与所はしまっていました。

西本宮とはまた違った、神聖さ+秘境のパワースポット感を感じます。

拝殿

建物の壁に若干年季を感じます。

左右対称のきれいなフォルムの拝殿です。

拝殿の奥は西本宮と同様、鏡が祀ってありました。

御本殿

伊勢神宮と同じ「神明造」の御本殿です。

後ろから撮った画像です。

御神水

御本殿の後ろに小道があり、進んだ先に御神水があります。

飲むと甘くて美味しいらしいのですが、私はお腹が弱いので飲まず。

御神木 七本杉

更に小道を進むと、御神木の七本杉があります。

江戸時代に植えられたご長寿横並び杉。

数えると8本ですが、植えたのは7本です。

天岩戸神社東本宮のアクセス方法・駐車場情報

徒歩のアクセス方法

天岩戸神社西本宮から8分

車のアクセス方法

天岩戸神社西本宮から3分

駐車場

こちらが東本宮専用の駐車場。

キャパがありますので安心して停められます。

天岩戸神社東本宮 地図・営業時間・御朱印

天岩戸神社東本宮の地図

住所 宮崎県西臼杵郡高千穂町岩戸1073−1

 

参拝可能時間

24時間

お問い合わせ

0982-74-8239

御朱印

天岩戸神社西本宮にある授与所で頂けます。

西本宮と東本宮は同じ御朱印です。
料金 300円

 

・他にも宮崎の観光情報を知りたい方はこちら
宮崎の観光情報

宮崎県を観光するなら

宮崎県への移動方法

最寄りの空港は宮崎空港です。
(JAL・ANA・ソラシドエア・オリエンタルエアブリッジ・Peach・ジェットスター)

1万円以内で国内航空券がみつかるエアトリ

 

レンタカー

移動はレンタカーが便利!
宮崎空港・宮崎市・延岡市・日向市がおすすめです。

レンタカー比較といえば、たびらいレンタカー

 

宿・ホテルの予約

高千穂を観光するなら、日向駅・延岡駅周辺のホテル
青島神社・鵜戸神宮なら宮崎市・宮崎駅周辺のホテル
霧島観光なら都城市・都城駅周辺のホテルがおすすめです。

【じゃらん】 九州のホテル・宿の予約

→ 宮崎県のホテルをチェック(楽天トラベル)

 

ツアー情報

プランが豊富!ツアーで楽しむなら「クラブツーリズム」
仲間と出会う、感動と出会うクラブツーリズムの旅/人気の九州ツアー

ツアーの質が高いと評判、安心の最王手「JTB」
→ JTBのツアーをチェック

(JR・新幹線+ホテル)がお得なのは「日本旅行」
日本旅行でツアーをチェック

まとめ

今回の記事では、天岩戸神社東本宮について

・創建の歴史と御祭神
・ご利益・ご神徳
・参拝所要時間・見どころ
・アクセス方法
・御朱印情報

参拝するのに役に立つ情報をまとめました。

西本宮とは違った雰囲気で、秘境の神秘を感じました。

西本宮や天安河原とセットで参拝して見てくださいね。

 

 

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です