【世界遺産・唐招提寺】創建の歴史・建築の特徴をまとめて解説!ディープに楽しむ観光ガイド。




 

今回ディープにご紹介するのは、

奈良県奈良市にある世界遺産、唐招提寺(とうしょうだいじ)です。

 

記事のコンセプト

唐招提寺は「すっきり解説シリーズ」でご紹介していますが

詳しく知りたい方向けに、唐招提寺の歴史・見どころや特徴をまとめました

 

唐招提寺の魅力や楽しさが、より深く感じられる観光ガイドです。

 

世界遺産「唐招提寺」創建の理由・歴史

創建年

759年(奈良時代)

 

創建者とその理由

創建者は鑑真(がんじん)です。
朝廷から譲り受けた土地に、戒律を学ぶための寺を作ったのがきっかけ。

創建時には講堂など一部の建物でしたが、弟子の如宝(にょほう)が金堂などを建て、寺を完成させました。

 

唐招提寺の宗派

律宗(りっしゅう)

戒律の研究、実践に重点をおく仏教。
奈良時代に栄えた仏教、南都六宗の一つです。

 

鑑真の歴史

鑑真を知ることで、唐招提寺の見どころがより理解しやすくなると思います。

簡単にまとめたので良ければご覧ください。

 

By Original: 俊武Later versions: Garam – 『世界史年表・地図』, CC BY-SA 3.0, https://commons.wikimedia.org/w/index.php?curid=93190959

688年 鑑真が唐の揚州で生まれる(揚州の場所は地図中の青い丸の中)

14歳で出家し、20歳で律宗・天台宗を学ぶ。
揚州の大明寺(だいめいじ)の住職になる。

733年 栄叡(ようえい)普照(ふしょう)が遣唐使とともに唐に到着

なぜ栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)、二人の僧侶が日本から唐にきたのか?

当時の日本は、仏教によって良い国にしようと、寺や仏を次々と建てていました。
そのための財源や労働力は農民から。
農民は重税と労働に苦しめられていました。

一方、僧には納税の義務がありません。
重税に苦しんだ農民らは、次々と僧になります。

特別な許可は必要なく「私は僧です」と言えば、僧侶になれてしまう(私度僧)

僧としての学びのない者がふえ、風紀が乱れまくっていました。

 

聖武天皇
税収は減るし、風紀は乱れるし…困ったものだ。

そこで聖武天皇は「授戒・じゅかい」を制度化する事を決意します。

 

「授戒」とは正式な僧になるための儀式です。

導師が「戎・かい」を授け、出家者は10人以上の僧の前で一生守る事を誓います。
※戎とは、僧侶になるための決まり・いましめのこと。信者用の「菩薩戒」、正式な僧用の「具足戒」2種類ある。

唐には授戒の制度が整っていましたが、日本には導師すらいない状態。

聖武天皇は導師を求め、栄叡(ようえい)と普照(ふしょう)を唐へ派遣しました

 

 

無事、唐に着いた二人ですが、探せど探せどなかなか見つかりません。

それもそのはず。当時日本へ行くことは命がけの行為の上に、出国は国から禁止されていました。
つまり2つの意味で命がけの密出国となります。

そんなリスクを犯して日本へ行く僧などいるはずもなく。

 

栄叡
どこかに日本に来てくれる高僧はいないかなぁ…

探し続けること約10年。

途方に暮れる栄叡(ようえい)普照(ふしょう)は、一人の高名な僧「鑑真」の噂をききつけます。

 

 

742年 栄叡と普照が鑑真のもとを訪れ、日本に来るよう懇願される
→鑑真(55歳)が日本へ行くことを決意!

743年~ 日本へ行こうとするもたびたび失敗。
鑑真は病にかかり失明する。

753年 6回目にして鑑真(66歳)が日本に到着。
大宰府観世音寺にて日本初の「授戒」を行う。

754年 東大寺大仏殿にて「授戒」が行われる。聖武天皇など400名に戎が授けられた。
755年   日本初正式な授戒施設「東大寺戒壇院」を建立。

759年  唐招提寺を建立
763年  76歳で亡くなる

742年、栄叡(ようえい)普照(ふしょう)鑑真のもとを訪れます。

必死の説得に心を打たれた鑑真は、来日を決意。

しかし弟子の密告や悪天候により、たびたび失敗しました。
その間に栄叡(ようえい)が亡くなり、鑑真は失明。困難を極めます。

なんとか日本へ辿りついたのは、約10年後の753年でした。

 

※唐招提寺の戒壇(授戒をする場所)

熱烈歓迎を受けた鑑真は、大宰府観世音寺や東大寺で「授戒(じゅかい)」を行います。
翌年には東大寺に授戒施設「東大寺戒壇院」を建立。

授戒制度が整ったため、自称僧侶による風紀の乱れは劇的に改善しました

 

758年、天皇の配慮により任を解かれ、自由の身になります。

翌年には新田部親王(にいたべしんのう)の旧宅地が与えられ、
戒律を学び身につけるための施設として唐招提寺を創建します。
※新田部親王(にいたべしんのう)…天武天皇の息子

また「悲田院」を作り、貧しい人や孤児を助ける活動を熱心に行いました。

唐招提寺で4年過ごし、76歳で亡くなりました。

 

唐招提寺の歴史

759年  唐招提寺を建てる
8世紀後半 弟子の如宝(にょほう)が唐招提寺を完成させる

1270~1287年 修理修繕が行われる
1692年~ 金堂・仏像が修理される

地震と火災で多くの建物が失われる

1900年~ 解体修理が行われる
1998年 「古都奈良の文化財」として世界遺産に登録
(平成10年)
2000年 金堂平成大修理が始まる(約10年間)
(平成12年)

創建された当時は講堂といくつかの建物があるのみ。

鑑真の没後、弟子の如宝(にょほう)が金堂などを建て、唐招提寺を完成させました。

地震や火災により建物が焼失してしまいますが、改修・再建を繰り返し今の姿となっています。

 

唐招提寺観光ガイド 特徴・見どころまとめ

唐招提寺を観光する前に知っておきたい特徴・見どころを紹介します。

主な見どころは「奈良時代の建築物」と、「鑑真和上の痕跡」です。

国宝 「金堂」の特徴・建築

唐招提寺最大の見どころ「金堂・こんどう」です。

南大門を進むと、緑豊かな参道とその先にある重厚な金堂が目に留まります。

 

高さ 17.7m
奥行 14.6m
28m
建立 8世紀後半(奈良時代)
寄棟造、本瓦葺き

金堂は鑑真和上が亡くなった後、弟子の如宝(にょほう)によって建てられました。

奈良時代に建立された、唯一現存する金堂

文化史でいえば、平城京を中心とする「天平時代」のもの。

天平時代の屋根は「勾配が穏やかで軽快」という特徴がありますが、金堂は逆。
立派な屋根が重厚感を演出しています。

なぜ唐招提寺の屋根は重厚なのか?

江戸時代(元禄)に行われた改修が理由です。
雨水の水はけを良くするため屋根が2m高くなり、現在の重厚な屋根となりました。

 

創建されて1200年以上経ちますが、多くの部材が創建当時のもです。
※部材…柱や組物など

何度も改修されていますが、奈良時代、天平文化の雰囲気はしっかり味わえますよ。

 

見どころは「8本の列柱」

金堂と言えば吹き放しとなった8本の柱が見どころ。

この柱、実は「エンタシス」です。
柱の太さをよ~く見ると、中央が一番太くなっていますね。

下から見上げた時に柱が真っ直ぐに見える視覚効果があります。

また列柱の柱間は中央ほど広く、外側は狭くなっています。
それにより強度が増し、建物をより大きく見せる効果があるそう。

重厚さが感じられる一方で、吹き放しの柱により開放感や明るさもあります。
さわやかに参拝できそうですね。

 

美しさの秘密は黄金比と鴟尾

なんと金堂は「黄金比」で作られています。
黄金比とは人間にとって最も美しいと感じる比率のこと。

金堂の縦横の長さは、黄金比の1:1.618となっています。

パルテノン神殿、パリの凱旋門、エジプトのピラミッド、金閣寺なども実は黄金比で作られています。

 

金堂の屋根の上にある「鴟尾・しび」も有名です。

大陸から伝わった屋根の装飾品であり、火除のおまじないであり、雨から屋根を守るもの。

西側の鴟尾(しび)は創建時のものでしたが、損傷が激しいため平成の大修理で取替えられました。
創建時の鴟尾は新宝蔵(しんほうぞう)で見学可能です。

 

金堂内の仏様

ご本尊:盧舎那仏坐像・るしゃなぶつざぞう
国宝 奈良時代

※イメージ画像です。実物とはちょっと違う。

像高は約3m、光背は5mを超えます。
座っている像が3mを超えるなんて…本当に大きいですね。

光背には千人の仏が並んでいましたが、現在は862体が残っています。

脱活乾漆像(だっかんかんしつぞう)で作られています。
粘土で作った原型に麻布(あさぬの)を漆で貼り重ねて造る方法。

手間暇のかかる方法ですが、奈良時代によく用いられました。

 

本尊の右:薬師如来立像
国宝 平安時代

像高3.36m
現存する薬師如来立像では最大のものです。

本尊の左:千手観音立像
国宝 奈良時代

像高5.35m
本当に千本の手がある千手観音立像ですが、現在は953本です。

 

安置されている仏様の謎

盧舎那仏(るしゃなぶつ)、薬師如来、千手観音の組み合わせは、大変珍しく他に例が無いそうです。

なぜこの御三体なのか?

長い間謎とされてきましたが、一説をご紹介します。

 

鑑真和上が来日後、聖武天皇の命により戒壇院が3箇所に作られました(天下三戒壇)

・奈良県の東大寺
・栃木県の下野薬師寺(しもつけやくしじ)
・大宰府の観世音寺

それぞれの御本尊が、唐招提寺に祀られているのではないか?と言われています。

東大寺→盧舎那仏
下野薬師寺→薬師如来
観世音寺→千手観音

日本の授戒は鑑真和上のおかげで整いました。
その業績に敬意を示し、御三体を唐招提寺のお祀りしたのかもしれませんね。

 

国宝 「講堂」の特徴・建築

建立 760年頃(奈良時代)
入母屋造、本瓦葺き

平城宮内にある東の朝集殿を朝廷から譲り受け、こちらに移築、寺院用に改造されました。
唯一現存する天平時代の宮殿として大変貴重です。
※朝集殿(ちょうしゅうでん)…家来の控室

仏教や戒律を研究し伝授するための施設として、最初に建てられました。

 

金堂内に安置されている仏像

・弥勒如来坐像(鎌倉時代/重要文化財)
・持国天立像(奈良時代/国宝)
・増長天立像(奈良時代/国宝)

 

国宝「鼓楼・ころう」

建立 1240年(鎌倉時代)
入母屋造、本瓦葺き

金堂と講堂の間に建つ、2階建ての建物です。
1階には鑑真和上の仏舎利(ぶっしゃり)が安置されているため、「舎利殿」とも呼ばれています。

毎年5月19日にはうちわまき会式(梵網会・ぼんもうえ)が行われ、法要の後に鼓楼からハート型のうちわがまかれます。
うちわには病魔退散や魔除けのご利益があるそう。

 

開山堂・御影堂

こちらが「開山堂・かいさんどう」
江戸時代に作られ、1881年(明治14年)に現在の位置に移築されました。

誰もが一度は目にしたことがある鑑真和上坐像(国宝)が安置されていた建物です。

鑑真和上坐像は弟子の忍基が、鑑真の死期が近づいた事を悟り造ったもの。
日本最古の肖像彫刻であり、傑作と評判です。

現在は、鑑真和上お身代わり像がいらっしゃいます。
これまでの知見と技術を生かし、丁寧に再現された本格的な像です。

 

開山堂から道を挟んで反対側に「御影堂・みえいどう」があります(重要文化財)。
元は興福寺の別当坊だった建物が、1964年(昭和39年)移築されました

鑑真和上坐像が安置されていますが通常は非公開。
毎年6月5日から3日間開扉されます。

※2022年3月まで御影堂は工事中のため、新宝蔵へ。2022年6月の開扉も新宝蔵で行われます。

東山魁夷(ひがしやまかいい)が10年以上の歳月を費やした障壁画が奉納されています。
※障壁画(しょうへきが)…建物の床、壁、ふすま、天井などに描かれた絵の総称。
濃淡で描かれた雄大な自然は、大変色鮮やかで美しいです。

 

新宝蔵

1970年(昭和45年)に造られた新宝蔵。
毎年春と秋に公開されます。

唐招提寺が持つ多くの文化財が保存され、一部が公開されています。

かつて講堂に安置してあった木造群
薬師如来立像(奈良時代/国宝)
獅子吼菩薩立像 ししくぼさつりゅうぞう(奈良時代/国宝)
衆宝王菩薩立像 しゅうほうおうぼさつりゅうぞう(奈良時代/国宝)

頭や両手先のない姿が「唐招提寺のトルソー」として著名な
如来形立像 にょらいぎょうりゅうぞう(奈良時代/重要文化財)

金堂に飾られていた鴟尾 しび(奈良時代/国宝)

が、主な見どころです。

 

国宝「宝蔵・経蔵」の特徴・建築

※画像手前が宝蔵です。

建立 奈良時代(8世紀)
寄棟造 本瓦葺 校倉

北側が宝蔵、南側が経蔵。

宝蔵(ほうぞう)とはその名の通り、宝を収めておく倉庫。
経蔵よりやや大きく、唐招提寺創建時に建てられました。

経蔵(きょうぞう)は経典を収めておく倉庫。
新田部親王(にいたべしんのう)宅の米倉を改造したもの。

 

経蔵は日本最古の校倉造です。

校倉造の代表作は東大寺正倉院。
高床、井桁 (いげた) を組んで壁を作る、保存に良いとされる建築物です。

 

拝観料・営業時間・お問い合わせ

・拝観料

大人 1,000円
高校生 400円
中学生 400円
小学生 200円

団体割引あり
※詳細はこちら(唐招提寺ホームページ)

 

・営業時間 定休日

8:30~17:00

定休日 なし

・施設情報(トイレなど)

トイレ・売店あり

・お問い合わせ

0742-33-7900

※最新情報はこちら(唐招提寺公式ホームページ)

 

ツアーの紹介

奈良の見どころをバス、タクシーで巡るツアーもおすすめです。

・現地出発のツアーなら「ベルトラ」
奈良 観光ツアー

・プランが豊富!ツアーで楽しむなら「クラブツーリズム」
話題の世界遺産や大古の歴史を楽しむ旅!クラブツーリズムの近畿旅行
※右上のメニュー(横棒3本が縦に並んでいるマーク)をクリック。
表示されたページの検索BOXに「唐招提寺」と入力し検索する方法もあります。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です