【世界遺産・法隆寺】創建の歴史・建築の特徴をまとめて解説!ディープに楽しむ観光ガイド。




 

今回ディープにご紹介するのは、

奈良県の斑鳩町にある世界遺産、法隆寺(ほうりゅうじ)です。

 

記事のコンセプト

法隆寺はすっきり解説シリーズでご紹介していますが

より詳しく知りたい方向けに、ディープに楽しむ観光ガイドを作成しました。

 

正直に言うと歴史や建築は不得意な方ですが

法隆寺観光をきっかけに興味を持ち、調べていくうちに奈良にはまってしまいました。

調べれば調べるほど面白く、興味が尽きない法隆寺。

少しでもこの面白さが伝われば~と思い、すっきり解説シリーズで掲載しきれなかった情報をまとめました。

法隆寺の魅力をよりディープに感じてもらえたら幸いです。

 

世界遺産「法隆寺」創建の理由と歴史

創建年

607年
金堂にある薬師如来像の光背の銘文、聖徳太子の最古の伝記「上宮聖徳法王帝説(じょうぐうしょうとくほうおうていせつ)」の記録に拠ります。

日本書紀によると606年ではないか?という説も。

 

創立者と創建の理由

推古天皇聖徳太子によって建てられました。

586年、用明天皇が天然痘(致死率の高い感染症)に感染。
病気平癒を願い、寺と仏像を建てようとしますが、計画段階で崩御(ほうぎょ)してしまいます。
※崩御(ほうぎょ)…天皇、皇后などが亡くなること

用明天皇の子、聖徳太子
用明天皇の妹、推古天皇
お二人が遺志を継いで、薬師如来を本尊とする寺を建立しました。

そのお寺が現在の法隆寺です。

 

法隆寺の歴史

607年 法隆寺が建立される
670年 火災により焼失
7世紀後半~8世紀初頭 再建
(時期ははっきりしていない)
738年 高僧行信(ぎょうしん)が、上宮王院・じょうぐうおういん(後の東院伽藍)を建立

607年に創建された寺(以下「創建法隆寺」という)と、7世紀後半に再建された法隆寺には違いがあります。

①創建法隆寺と西院伽藍(さいいんがらん)は位置がずれている(やや南東)。
②創建法隆寺と法隆寺は伽藍(がらん)配置が異なる。
※伽藍(がらん)…寺院の主要な建物(金堂・塔・講堂など)の集まり

西院伽藍の近くに「若草伽藍・わかくさがらん」と言う、創建法隆寺の遺跡があります。

創建法隆寺の遺跡「若草伽藍」では、塔や金堂が南から北へ一直線に並んでいます。
四天王寺式の伽藍配置。大阪の四天王寺など、飛鳥時代の代表的な配置です。

現在の法隆寺式伽藍配置は、左右非対称の配置が特徴です。

 

925年 西院伽藍の大講堂、鐘楼が焼失→再建
17世紀~18世紀 豊臣秀頼、桂昌院(徳川綱吉の母)により伽藍の修繕
1934年 昭和の大修理開始、金堂、五重塔などの修理
(昭和9年)
1985年 昭和の大修理が終了→完成記念法要が行われる
(昭和60年)

1993年 「法隆寺地域の仏教建造物」として世界遺産に登録
(平成5年)

修繕・修理を繰り返し、現在に至ります。

昭和の大修理が行われていた1949年(昭和24年)、修理中の金堂で火災が発生。初層にあった貴重な壁画が燃えるという大惨事となります。
その火事がきっかけで文化財保護の機運が高まり、文化財保護法が制定されました。
※火災の起こった1月26日は文化財放火デーに制定されています。

1993年には、日本で初めて世界遺産に登録されました。
評価されたポイントは、大陸(中国や朝鮮半島)からの強い影響が見られる点、世界最古の木造建築である点です。

 

再建・非再建論争

法隆寺は創建当時のものが残っていると考えられていましたが、明治時代には「創建当時のものだ!」「日本書紀に書いてあるとおり再建されたものだ!」と意見が割れていました。

長年続いた論争に決着をつけたのが、若草伽藍です。昭和14年の発掘調査により、若草伽藍は創建法隆寺であり、現在の法隆寺は再建であると判明しました。

 

法隆寺の宗派

聖徳宗(しょうとくしゅう)

明治の頃は、真言宗
1882年(明治15年) 法相宗(興福寺や薬師寺と同じ)
1950年(昭和25年) 聖徳宗として独立

聖徳宗とは、聖徳太子をお祀りする仏教宗派の一つです。
法隆寺は聖徳宗を統括するお寺(総本山)です。

 

法隆寺観光ガイド 特徴と見どころまとめ

建築の特徴

法隆寺は「世界最古の木造建築」として有名です。

木造建築は湿気に弱く、耐久性が悪いイメージがありますが、法隆寺の金堂や五重塔は1300年経っても現役です。
なぜ1000年以上も長持ちしているでしょうか?

その秘密は以下の2点です。

①桧(ひのき)を使って建てている
ひのきは、耐久性・耐水性が高い木材。世界最高の建築材と言われています。

②修理しやすいように、柱の接合部分がパーツに分かれている
傷んだ部分だけの修理・取替えが可能となっています。

建築の工夫や匠の技により、当時の素材、当時の姿のまま法隆寺が現存しています。

 

柱の特徴

法隆寺は「柱」に特徴があることで有名です。

柱をよ~く見ると、下から3分1が一番太くなるよう造られています。

いわゆる「エンタシス」と言われる柱ですが、なぜこのような形になったのか?

エンタシスを施した柱を下から見上げると、真っ直ぐな円柱よりも安定して見える錯覚を生むため巨大建築物の柱に用いられ、現代の建築でも使用されている構法である。

引用:wikipedia(エンタシス

なるほど、視覚的効果をねらっていたのですね。

実際に近くで見ると、柱の膨らみにはほぼ気付きませんでした。少し離れてやっと分かるぐらいです。

安定感のある立派な回廊に感じられたのですが、それがエンタシスの効果だったんですね!

 

ちなみに、エンタシスは古代ギリシャが発祥と言われています。
(パルテノン神殿が有名ですね)

「つまりギリシャの技術が日本に伝わったのか?」と言うと、そうではありません。

ギリシャから日本へ伝わった形跡が無いため、独自に作り出したものと考えられています。

日本では「胴張り(どうばり)」と呼ばれ、平安時代にはほぼ見られなくなった特徴です。

 

金堂 特徴と見どころ

高さ:16m
創建:7世紀後半
桁行(けたゆき)五間・梁間(はりま)四間

世界最古の木造建築が「金堂」、国宝です。

文化財保護法のきっかけとなった昭和24年の火事により、金堂の一層目は焼失してしまいました。
二層目が創建当時のものです。

 

建築の特徴

入母屋造(いりもやつくり)
→二層(2階)の屋根がイラストのような形状。


※入母屋造の画像

本瓦葺(ほんがわらぶき)
→平瓦と平瓦の間を丸瓦で覆うことにより、雨の侵入を防ぐ敷き方。見た目も立派。

二重仏堂
→1階建てだが、2階建て風の仏堂。

裳階(もこし)付き
金堂の一番下の屋根は、裳階(もこし)と言われる庇(ひさし)のようなもの。

創建当初にはありませんでしたが、奈良時代に付けられました。
理由は、金堂に壁画を描きたいから。雨や湿気で絵が劣化することを防ぐため、取り付けられました。

 

飛鳥様式の建築

・卍崩しの高欄(まんじくずしのこうらん)
高欄(手すり)が、卍の文字を崩したデザインで作られている。

・人字型割束(ひとじがたわりつか)
「束」とは短い柱のこと。「人」という文字の形のように、下半分が割れた束のこと。

・雲形肘木(くもがたひじき)
肘木という組物が雲の形をしている

金堂だけでなく、五重塔・中門にもみられる作りで、飛鳥様式と言われています。

 

金堂は屋根の軒が深いです。

その屋根を支えるために「龍のデザインが施された柱」が後に付けられました。

 

金堂の中にある仏像

金堂の中は国宝だらけです。

○聖徳太子のために造られた「金堂釈迦三尊像」
 国宝 飛鳥時代
○用明天皇(太子の父)のために造られた「金堂薬師如来坐像」
 国宝 飛鳥時代
○穴穂部間人皇女(太子の母)のために造られた「金堂阿弥陀如来坐像」
 重要文化財 鎌倉時代

他にも…
木造毘沙門天・吉祥天立(国宝・平安時代)
木造四天王立像(国宝・白鳳時代)
 ※日本最古の四天王像

など、飛鳥時代・白鳳時代に造られた国宝をじっくり鑑賞することができます。

 

五重塔 特徴と見どころ

高さ:32.55m
創建:7世紀後半

世界最古の「五重塔」、国宝です。

 

五重塔が地震に強い秘密とは?

法隆寺の五重塔は、地震・台風に強い構造として有名です。

五重塔は登るようにできておらず、塔の真ん中に柱が一本、それを囲うように層が建っています。

初層の上に二層を、二層の上に三層を積み上げる「積み上げ構造」です。
各層どうしを強く結びつける物がないため、塔が揺れに合わせてしなやかに動くことが可能。

つまり、地震の揺れを吸収しているんですね。

地上から天井を結ぶ大きな一本の柱(心柱・しんばしら)が塔の真ん中にあり、吹き抜けになった塔の中央に立っています。
柱ではありますが、各層や塔を支える役割をしていません。

層が北に揺れれば、心柱は南へ
層が南に揺れれば、心柱は北へ
動くようになっており、心柱は塔が過剰に揺れる事を防いでいます。

この構造こそが、地震や台風に強い秘密です。

東京スカイツリーにもこの技術が使われています。

 

建築の特徴

法隆寺の五重塔は安定感のある外観が特徴です。

塔の上がだんだん細くなる構造となっており
初層(1階)の屋根の一辺は、五層(最上階)の2倍の長さです。
※差が大きい事を「逓減率(ていげんりつ)が高い」と言われます。

そしてよく見ると、五重塔なのに屋根が6枚あることに気が付きます。
一番下の屋根は、裳階(もこし)と言われる庇(ひさし)のようなもので、創建当時にはありませんでした。

なぜ裳階が付けられたのか調べたところ

屋根が垂れ下がってきたので後世で据えつけられた
引用:法隆寺御朱印

との説明がありました。

五重塔は軒が深いので、支えが必要になったのですね。

 

相輪にある謎の鎌

最上階の相輪(塔の一番上に付いている金具)には、稲刈りで使うような鎌(かま)が4つ取り付けられています。

塔のてっぺんに鎌(かま)4つ…(?_?)ナゼ

飾り付けと言うにはちょっと物騒ですね。

謎すぎて「法隆寺七不思議」の一つとされていますが、雷除けのおまじない説が濃厚です。

 

塑造塔本四面具 (そぞうとうほんしめんぐ)

五重塔の初層には、お釈迦様にまつわる場面が塑像(土で作った仏像)で表現されています。

東西南北それぞれの面に一場面ずつ、合計4場面を見ることができます。

こちらが北面の泣き仏です。

北面が最も有名で、お釈迦様が亡くなった場面が表現されています。(釈迦入滅)

嘆き悲しむ様子が、表情豊かに造られていますね。

塑像群のうち約80体が国宝に指定されています。

 

東院伽藍「夢殿」特徴と見どころ

創建:739年(奈良時代)
大改修:1230年(鎌倉時代)
最大径:11.3m

東院伽藍の中心となる建物が「夢殿・ゆめどの」、国宝です。

もともとは「上宮王院・じょうぐうおういん」という別のお寺でした。
高僧の行信(ぎょうしん)が、聖徳太子とその一族の供養のために建てたと言われています。

聖徳太子信仰の中心地となり、法隆寺に吸収されました。

 

夢殿は八角堂(八角円堂)

夢殿は「八角堂」と言われる、八角形の円堂となっています。実は柱も八角形。

なぜ八角形なのか?

そのルーツは「天円地方・てんえんちほう」という古代中国の思想です。

「天は丸く、地は四角」という考え方。
つまり円は仏様がいらっしゃる神聖な「天界」を表す。
四角は、私達の暮らす「地上」を表す。
※前方後円墳や相撲の土俵も同じ思想

円に近い八角堂にすることで、仏様のいる神聖な世界を表現したのかもしれませんね。

八角堂は供養する施設として建てられる事が多いです。

また8という数字は「復活」を表すと言われていますが、八角堂とのつながりは不明です。

 

1230年の大改修について

1230年(鎌倉時代)の大改修で、夢殿が大きく変わりました。

下図のイラストが分かりやすいです。

画像右が奈良時代に建てられた八角堂、画像左が鎌倉時代に改修された八角堂です。


画像引用:ヤフー知恵袋回答より

右(奈良時代)より左(鎌倉時代)のほうが、建物の中心部が高く急勾配です。
軒が深くなり、屋根が2重構造となっています。

この様な改修が行われた理由は、雨から建物を守るためです。

 

傑作の一つとされる装飾品

こちらが屋根の頂きにある露盤宝珠・ろばんほうじゅ」

建物の内部に雨が入らないよう取り付けるものですが、屋根の装飾品でもあります。

露盤宝珠があることで、夢殿の壮麗さが際立ちますね。

夢殿の露盤宝珠は傑作の一つと言われています。

 

夢殿の秘仏

八角堂では個人にゆかりのある仏像が安置されます。

夢殿には、聖徳太子が深く信仰になった「救世観音立像(国宝・飛鳥時代)」が中央にあります。

太子の等身像とされ、高さが180cm。

明治初期に発見され、それまでは白い布に包まれていました。
そのため状態がよく、今も金色に輝いています。

通常は非公開ですが、春と秋の特別開扉で拝観することができます。

春(4/11~5/18)
秋(10/22~11/22)

 

拝観料・営業時間

・拝観料 割引

大人 1,500円
小学生 750円

団体割引、障がい者割引あり

・営業時間 定休日

定休日 なし

2月22日~11月3日
8:00~17:00

11月4日~2月21日
8:00~16:30

※最新情報はこちら(法隆寺ホームページ)

施設情報・お問い合わせ

住所:奈良県生駒郡斑鳩町法隆寺山内1−1−1

施設情報(トイレなど)

トイレ・休憩所・売店あり

お問い合わせ

074-575-2555

 

ツアーの紹介

奈良の見どころをバス、タクシーで巡るツアーもおすすめです。

・現地出発のツアーなら「ベルトラ」
奈良 観光ツアー

・プランが豊富!ツアーで楽しむなら「クラブツーリズム」
話題の世界遺産や大古の歴史を楽しむ旅!クラブツーリズムの近畿旅行
※右上のメニュー(横棒3本が縦に並んでいるマーク)をクリック。
表示されたページの検索BOXに「法隆寺」と入力し検索する方法もあります。

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です