【東大寺・二月堂】歴史・見どころ・仏像 スッキリ解説!修二会やご本尊の由来が分かる。




 

今回ご紹介するのは、

奈良県奈良市の世界遺産「東大寺」にある二月堂(にがつどう)です。

 

記事のコンセプト

魅力ある観光都市「奈良」には、お寺や古墳が多くあります。

観光してときどき感じるのが…

 

古くて価値があるのは分かるけど、見どころや違いがよく分からない!!

せっかくの説明も、内容が難しくて消化不良。

私以外にもそう感じる方がいるんじゃないかな~と思います。

 

そこで、この記事(すっきり解説シリーズ)では

お寺の歴史や見どころを、簡単に分かりやすくまとめました。

さらっと見るだけでも、観光が楽しめると思います。

ぜひご活用下さい。

 

二月堂 創建の歴史・ご本尊(仏像)

・創建された年

752年(奈良時代)

一回目の修二会(しゅにえ)が752年だったので、その頃の創建ではないか?
と考えられています。

 

・創建の歴史と、建てた人

東大寺創建に尽力し、初代別当となった良弁(ろうべん)
※別当(べっとう)…お寺の事務や仕事を取りまとめる人。

実忠(じっちゅう)という弟子がおり、良弁のもとで華厳宗を学んでいました。

 

その実忠(じっちゅう)が、京都の笠置山(かさぎやま)で修行をしていた時の事でした。

 

ある日実忠は、修行中に龍穴を発見します。

龍穴に入ると兜率天(とそつてん)と呼ばれる、天界の世界に入りこんでしまいました。

天界のお寺(常念観音院)で、十一面悔過(じゅういちめんけか)の修行を見かけます。

「日々の行いを懺悔し未来の幸福を祈るとは、なんて素晴らしい修行なのだ…」と心を打たれました。

 

そこで実忠は天人に話しかけます。

実忠
人間界でも十一面悔過(けか)をやりたい。
やり方を教えてほしい。

天人
こちらの1日は、人間界の400年分。
人間がやるには時間が全く足りない。

実忠
急いで動いたり、走ったりして、十分にできるようにする!

天人
だから無理だって…

実忠
そこをなんとか~!!!m(_ _)m

実忠(じっちゅう)は天人を説得し、十一面悔過のやり方を教えてもらいました。

 

法要のやり方を学んだ実忠は、東大寺に二月堂を建てます。

そして752年、初の十一面悔過(けか)が行われます。翌年も行われ、毎年の恒例行事となりました。

旧暦二月に行われるため「二月に修める法会」→「修二会(しゅにえ)」と呼ばれるようになります。

 

東大寺は大きな戦火に2度巻き込まれています。1度は1180年の南都焼討、2度目は1567年の三好・松永の合戦。

東大寺の主な建物は焼失してしまいましたが、いずれも二月堂は無事でした。

しかし、1667年(江戸時代)に修二会(しゅにえ)の最中に二月堂が焼失!

江戸幕府の援助により再建するも間に合わず、翌年は三月堂で修二会行われました。

 

実忠(じっちゅう)が始めた修二会は、大仏が戦火で焼け落ちたときも、二月堂が火事になっても、戦争中でも毎年行われ、1200年を超えた今に受け継がれています。

 

・ご本尊(仏像)

大観音(おおがんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる
2躰の十一面観音(じゅういちめんかんのん)

誰も見ることができない絶対秘仏です。
特別開扉もなく、ガイドブックや資料にものっていません。

 

十一面悔過(修二会)の簡単な説明

実忠(じっちゅう)が天界から持ち帰った十一面悔過(けか)とは何か?

十一面悔過とは、

十一面観音菩薩の前で、私達が毎日犯している過ちを懺悔する法要です。

二月堂では練行衆(れんぎょうしゅう)と呼ばれる11名の僧侶が、私達のかわりに懺悔し、国の平和や繁栄を全身全霊で祈ります。「仏の前で体を打ちつけ、懺悔し、祈る」という過酷な修行を、1日6回14日間も行うのです。

修二会(しゅにえ)と呼ばれますが、正式名称は十一面悔過(けか)です。

 

お松明(おたいまつ)

修二会といえば、お松明(おたいまつ)が有名すね。

修二会の期間中、夜の7時頃になると、練行衆(れんぎょうしゅう)が二月堂へ行くための道明かり、お松明(おたいまつ)が見られます。
火の玉のような松明は迫力がありますが、美しく幻想的でもあります。

松明から落ちる火の粉を浴びると健康になると言われています。ちょっと熱そう(^_^;)

 

3月12日のお松明は、修二会のハイライトです。

通常よりもさらに大きな籠松明(かごたいまつ)が用意されます。燃え盛る火の玉から滝のように降り注ぐ火の粉は圧巻です。

よく火事にならないな~と思いますよね。

 

お水取り

3月12日の深夜に若狭井(わかさい)の井戸から水(お香水)を汲み、観音様にお供えをします。

その一連の儀式を「お水取り」といいます。

お供えされたお香水は、参詣者にも分け与えられます。

 

修二会(しゅにえ)は、3月1日から14日間行われます。

「春を迎える行事」とも言われており、修二会が終わる頃には春が感じられる気候となっています。また懺悔することで身を清め、新たな一年に向けて人々の幸福を願う、という意味もあるそうです。

 

修二会はこれまで一度も欠かすことなく行われているため「不退の行法」といわれています。

1200年も時を越えて受け継がれている修二会、人生に一度は見てみたいですね。

 

二月堂の場所はどこ?地図で解説。

大仏殿から徒歩6分
戒壇院千手堂から徒歩9分

大仏殿の東側にあります。
お隣に法華堂(三月堂)もあるのでセットで拝観がおすすめです。

※二月堂は拝観料が無料、しかも24時間営業です!

 

拝観所要時間

拝観所要時間は10~20分です。

二月堂の見どころ・魅力を説明

【国宝】二月堂

建立 1669年
寄棟造、本瓦葺

初代の二月堂752年に創建、
現在は1669年(江戸時代)に再建されたものです。

 

一番の特徴は懸造(かけづくり)の建築様式。
崖造(がけづくり)、舞台造(ぶたいづくり)とも呼ばれています。

日本は土地が狭く、山や谷が多い。
そんな凸凹した土地でも建てられるようにと生み出された、日本独自の建築様式です。

二月堂は東が高く西が低い傾斜のある立地です。低い土地の西側には長い柱や貫(ぬき)を使って土台を作り、その上にお寺を建てました。

 

 

皆さんよくご存知の京都の清水寺も懸造(かけづくり)です。
傾斜地にお寺を建てるため、とても長い柱や貫(ぬき)で土台が作られていますね。

そして柱や貫で支えられた土台が、舞台のようになっています。
鳥取の三仏寺投入堂あたりも懸造で有名です。

 

 

こちらが二月堂、舞台部分です。

壁がなく柱のみが立つ空間を「吹き放し」と言います。
吹き放しにより、開放感のある空間となっています。

ここではご本尊に手を合わせます。お守りなどの物品が購入もできました。

 

【絶対秘仏】十一面観世音菩薩

二月堂の御本尊は大観音(おおがんのん)、小観音(こがんのん)と呼ばれる
2躰の十一面観世音菩薩(じゅういちめんかんぜのんぼさつ)です。

 

「私達は決して見ることができない秘仏」
なのですが~、一部閲覧可能なものがあります。

1667年の火事で大観音(おおがんのん)様は燃えてしまいましたが、残った断片が復元されています。
復元された2mを超える光背が、奈良国立博物館に展示されているんです。
※光背…仏様の後ろにある光をあらわすもの。

直接見られませんが、光背から大きさが想像できますよ。

 

小観音(こがんのん)様は、練行衆(れんぎょうしゅう)ですら目にすることができない絶対秘仏。厨子(ずし)の中に安置されています。
※厨子…仏像などを入れておく箱。両開きの扉がついている。

小観音(こがんのん)様には、祀られるまでの面白いエピソードがあります。

人間界に戻ってきた実忠(じっちゅう)「天界で見かけた生身の十一面観音にもう一度会いたい」と願い、海の向こうに花を捧げ、毎日手を合わせていました。

手を合わせること100日目、海の彼方から7寸(約20㎝)の十一面観音が敷物にのって実忠のもとに漂ってきました。

驚いた実忠は、観音様を手に取ると人肌の温もりが!これこそ会いたかった十一面観音だと東大寺持ち帰り、祀ったそうです。

この十一面観音が、二月堂にいらっしゃる小観音(こがんのん)様です。
噂によると、今も20cmの小観音様は温かいそうですよ。

 

二月堂からの景色が素晴らしい!

二月堂といえば、舞台からの景色が美しいと評判です。

大きな山や建物がないので、遠くまで見通すことができます。

夕方の景色は特に絶品と評判ですが、灯籠が灯る夜の二月堂も神秘的です。

二月堂は24時間営業、昼に夜にと楽しめます。(拝観料無料)

 

東大寺には隠れ動物がいる!

東大寺の境内には、いろいろな動物の彫刻が隠れているそうです。

亀、鳩、獅子、龍、馬、鹿などなど…隠れミッキーの如く存在しているんです!

二月堂にも隠れ動物がいて、見つけることができました。

隠れてはおらず、建物にしっかり動物が掘られていました。

この画像には、鳥、龍、獅子が写っていますよ。

木造の丁寧な彫刻でした。みなさんもぜひ見つけてくださいね!

拝観料・営業時間・お問い合わせ

東大寺拝観料

拝観料が必要な施設
大仏殿・法華堂(三月堂)・戒壇堂・千手堂・東大寺ミュージアム

※各施設でそれぞれ拝観料が必要です。
※二月堂は24時間、無料で拝観できます。

拝観料
大人  600円
高校生 600円
中学生 600円
小学生 300円

セット券(大仏殿・東大寺ミュージアム)
大人  1000円
小学生 400円

団体割引・障害者割引など
→詳細はこちら(東大寺ホームページ)

 

東大寺の営業時間

4月~10月

大仏殿
7:30~17:30
法華堂(三月堂)・千手堂
8:30~16:00
東大寺ミュージアム
9:30~17:30
(最終入館17:00)

11月~3月

大仏殿
8:00~17:00
法華堂(三月堂)・千手堂
8:30~16:00
東大寺ミュージアム
9:30~17:00
(最終入館16:30)

※二月堂は24時間拝観可能です。

 

お問い合わせ

東大寺事務所
0742-22-5511

住所:奈良県奈良市雑司町406-1

 

ツアー情報

東大寺や二月堂がコースに組み込まれたツアー、修二会を楽しめるツアーもあります。

・国内最大手!ツアーといえば「JTB」
【JTB】国内ツアー

 

・プランが豊富!ツアーで楽しむなら「クラブツーリズム」
話題の世界遺産や大古の歴史を楽しむ旅!クラブツーリズムの近畿旅行
※右上のメニュー(横棒3本が縦に並んでいるマーク)をクリック。
表示されたページの検索BOXに「東大寺」と入力し検索する方法もあります。

参考図書

記事を書く際に参考にさせて頂いた書籍です。

 

関連記事

【奈良・東大寺】歴史・見どころ・仏像 スッキリ解説!アクセス・観光所要時間など。

2022-02-13

【東大寺・南大門】歴史・見どころ・特徴をわかりやすく解説!金剛力士像と建築様式がスゴイ。

2022-01-31

【東大寺法華堂】歴史・見どころスッキリ解説!国宝の仏像をもつ最古の建物(三月堂)

2022-02-09

【東大寺・大仏殿】歴史・見どころ すっきり解説!建築様式・特徴を知って楽しく観光~(^^)

2022-02-05

 






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です